コンテンツ詳細

Kitaca(キタカ)という、可愛いエゾモモンガが描かれているカードをご存知ですか?KitacaはJR北海道が発行している交通系ICカードです。

Kitacaは北海道内でしか利用できないイメージがありますが、実は全国で利用可能です。

こちらの記事ではKitacaの利用方法、利用可能エリア、またクレジット一体型Kitacaなどについて詳しく紹介いたします。

Kitacaは北海道エリアの交通系ICカードです

Kitaca

北海道ではKitacaのポスターや、実際に使っている人を沢山見かけると思います。それではKitacaについて詳しく紹介いたします。

Kitacaにはどんな機能があるの?

Kitacaの主な役割は二つあります。切符などを買わずにタッチするだけで改札を通ることができる「ICカード」の役割と、 専用端末にタッチするだけで買い物ができる「電子マネー」の役割です。

Kitacaは北海道のKitaca利用可能エリア内の駅のみどりの窓口で発行することができます。またKitaca定期券と無記名KitacaはKitaca対応の券売機でもつくれます。

そしてKitacaには「記名Kitaca」、「無記名Kitaca」、「クレジットカード一体型Kitaca」の3種類があります。

Kitacaは定期券としても利用、取扱することができます。北海道内でKitacaが利用可能な駅はこちらです。

  • JR函館本線(小樽駅から岩見沢駅間)
  • JR札沼線・学園都市線(桑園駅から北海道医療大学駅間)
  • JR千歳線(白石駅から沼ノ端駅間、南千歳駅から新千歳空港駅間)
  • JR室蘭本線(沼ノ端駅から苫小牧駅間)

そしてKitacaのチャージ(入金)ができるカード内残額の上限は20,000円です。

またKitacaは「記名Kitaca」と「Kitaca定期券」に関しては紛失した場合も再発行することができます。ただし再発行する際には手数料510円と預かり金500円、合計1,010円がかかります。

そして記名Kitacaと無記名Kitacaは解約、返却の際に払い戻しが可能です。払い戻しはすでにチャージされている金額から手数料220円が差し引かれた金額と、契約時に渡した預かり金(デポジット)500円が返ってきます。

仮にKitacaに220円チャージされていなくても現金で支払いは可能です。

Kitacaは北海道だけではなく全国で相互利用できます

Kitacaは北海道だけではなく、全国のICマークが付いている鉄道やバスで利用することができます。そしてJR北海道でKitacaが利用できるエリアではSUICAやICOCA、はやかけんなど他社のICカードも利用可能です。

相互利用可能エリアは以下になります。

  • Suica(首都圏・仙台・新潟)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • SUGOCA(JR九州)
  • PASMO(首都圏の私鉄・路線バス・公営交通)
  • manaca(名古屋鉄道・名古屋市交通局)
  • PiTaPa(近畿圏の私鉄・路線バス・公営交通)
  • nimoca・めじろんnimoca・でんでんnimoca(西日本鉄道など)
  • はやかけん(福岡市交通局)

またKitacaが他社エリアで利用できるサービスは以下の通りになります。

  • 改札機の入場、出場
  • バス車載機等での乗降車
  • 自動券売機、入金機、のりこし精算機での入金(チャージ)
  • 自動券売機での切符購入
  • 乗り越し精算
  • 自動券売機などでの履歴表示・印字

またKitacaは電子マネーも全国で利用できます。電子マネー加盟店舗であれば、タッチをしてお買い物をすることも可能です。
主な電子マネー加盟店は以下になります。

コンビニエンスストア FamilyMart、LAWSON、サンクス、セブンイレブン、Seicomart
スーパー,
ショッピングセンター
AEON、イトーヨーカドー、Ario
飲食店 ガスト、松屋、大戸屋、すき家、ミスタードーナッツ、ドトール
その他 紀伊國屋書店、ブックオフ、ヤマト運輸

また最近では一部の飲料自動販売機や、駐車場の精算も電子マネーカードの利用が可能です。

Kitacaはクレジットカード一体型もあります

クレジットカード一体型

Kitacaの種類の一つに「クレジットカード一体型Kitaca」があります。クレジットカード一体型の場合、みどりの窓口などでKitacaへのクレジットチャージが可能になり、チャージするごとにポイントを貯めることができます。こちらではクレジットカード一体型のKitacaを3つ紹介いたします。

JRタワースクエアカードKitaca

「JRタワースクエアカード」はJR北海道が発行しているクレジットカード一体型Kitacaです。JRタワーを利用する人にお得なカードです。

年会費は初年度無料、次の年からは税抜1,250円かかりますが、年間でクレジットでの買い物を1回しているだけで無料になるので、実質年会費はずっと無料です。

JRタワーでの買い物は電子マネーでもでき、さらにJRタワースクエアポイントを100円利用ごとに1ポイント貯めることができます。JRタワー外でもクレジットを利用すればオリコ、MasterCard、VISA、JCB加盟店であれば200円の買い物ごとに1ポイント貯まります。

またJRタワースクエアカードを提示、利用すれば札幌シネマフロンティアでの映画チケットが一般の人は300円OFFになります。JRタワーホテル日航札幌、ホテル日航ノースランド帯広などのホテルも宿泊料が20%OFFになります。

イオンカードKitaca

通常電子マネーWAONが搭載されているイオンカードに、Kitacaが搭載されているのが「イオンカードKitaca」です。イオンカードKitacaの年会費は無料、カードブランドはVISAになります。また自動でカードの盗難の際に役立つカード盗難補償が無料で付いています。

イオンカードKitacaを使ってイオングループの対象店舗で買い物をした場合、通常200円(税込)で1ポイントのところが200円(税込)で2ポイントになり、お得にポイントを貯めることができます。

またイオンやマックスバリューでは毎月20日、30日に「お客様感謝デー」を開催しており、その日の買い物が全て5%OFFになります。また毎月10日は「ときめきWポイントデー」となり、ポイントが2倍になります。

またKitacaにチャージする際に溜まったポイントはWAONポイントに還元することができます。WAONの発行手数料は300円(税込)かかりますが、WAONポイントはイオングループの店舗、ファミリーマートやローソンでも使えるのでイオンカードKitacaに合わせて発行しておくことをすすめします。

さらに電気、ガス、携帯電話、水道などの各公共料金の支払いにもイオンカードKitacaは利用できます。支払い日をまとめることもできますし、ポイントも貯まります。

道銀キャッシュ・クレジットカードKitaca

道銀キャッシュ・クレジットカードKitacaは北海道銀行のキャッシュカード、クレジットカード、デビットカード機能にKitacaの電子マネー、ICカードの機能がついたものです。

初年度は年会費無料です。また次の年は通常1,350円がかかります。しかし一年間のクレジットカードの合計金額が10万円以上、もしくは携帯電話の通信費、北海道電力料金、北海道ガス料金のどれかをクレジット決済にすれば次の年も年会費は無料です。

また道銀取引優遇サービス、「ステップDo」に申込みをすると道銀ATMの時間外手数料が無料になります。そして1,000円ご利用ごとに1ポイント貰うことができ、溜まったポイントはギフトカードなどのプレゼントと交換ができます。

北海道のもう一つのICカード、SAPICAとKitacaの違いは?

SAPICA

また北海道内の交通系ICカードですと、「SAPICA」というカードもあります。SAPICAとKitacaを重ねてタッチするといった使用はできませんが、SAPICAとKitacaを2枚持ちして使い分けている人も中にはいますが、SAPICAとKirtacaの違いを紹介します。

SAPICAが利用可能なのは北海道内の交通網のみで、Kitacaは全国で利用できます

KitacaはSAPICAが利用できるエリア、またSuicaやPASMO、近畿圏エリアのICOKAなどでも相互利用が可能です。

ただしSAPICAは北海道のJR以外の地下鉄やバス、市電でも利用が可能ですが、Kitacaが利用できるのはJR北海道の駅のみです。
SAPICAが利用できる主な交通網はこちらです

  • 札幌市営地下鉄
  • 札幌市電
  • 北海道中央バス
  • JR北海道バス
  • じょうてつ

地下鉄やバスを頻繁に利用する人はSAPICAとKitaca、2枚持ちをするのをおすすめします。

SAPICAだけですと全国で利用することができないので、Kitacaと使い分けるのが便利です。

SAPICAにはポイント還元サービスがありますが、Kitacaにはありません

SAPICAには交通を利用するたびに運賃の10%が貯まる「SAPICAポイント」のシステムがあります。また10回乗車すると一回分無料で乗車ができるシステムもあります。乗ったら乗っただけポイントが貯まるお得なサービスです。

一方Kitacaにはポイント還元といったサービスはありません。クレジットカード一体型のKitacaであれば、クレジットを利用した際にポイントが還元されますが、残念なことにKitaca本体にはついていません。北海道でJR以外の交通網も利用する人はSAPICAも持っているとお得です。

SAPICAにはオートチャージサービスがありますが、Kitacaにはありません

SAPICAは記名SAPICAでも定期券のSAPICAでもクレジットカードでのオートチャージが可能です。バスや地下鉄で支払い時にタッチすると自動でチャージされます。
Kitacaはクレジットカード一体型でもオートチャージ機能はありません。ただしみどりの窓口などでクレジットカードでのチャージは可能です。

まとめ

Kitacaはとても便利

いかがでしたか?北海道に住んでいる多くの人が持っている電子マネーカード「Kitaca(キタカ)」。北海道だけではなく、全国でも利用できるのは大きなメリットです。

またクレジットカード一体型にすればよく行くお店で効率的にポイントを貯めることができます。コンビニやスーパーだけではなく、駐車場やロッカーなどにも電子マネーが利用できるのはとても便利です。

可愛いエゾモモンガが描かれているKitaca、北海道に住んでいなくても旅行に行った際に記念につくってみてはいかがでしょうか?

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る