コンテンツ詳細

エムアイカードとは三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社エムアイカードが発行しているクレジットカードで、デパート系や百貨店系のクレジットカードと呼ばれます。

近年は、ショップが独自にクレジットカードを発行することも多く、一般的なクレジットカードとして利用することも出来るほか、発行するショップで利用することでさまざまなメリットがあります。

百貨店系クレジットカードとは

百貨店
百貨店系クレジットカードとは、百貨店などのショップが独自に、または金融機関と提携して発行するクレジットカードです。

有名な百貨店の多くが発行しているといわれています。

また、一般的なクレジットカードと同じく、上位版のゴールドカードも発行されている場合が多いです。

発行の目的

ショップはクレジットカードを発行することで、顧客の囲い込みが期待できます。

また、クレジットカードには過去のショップ利用日や、顧客の個人データが登録されています。

ダイレクトメールで宣伝したり、セールやイベントの集客に繋げることもできるため、自社のクレジットカードを持つ人が増えるほど顧客管理が容易になります。

加入条件

一般のクレジットカードと同様に、安定した収入があれば誰でも加入することが可能です。

百貨店系のクレジットカードはよく買い物に来る主婦をターゲット層に設定しているため、一般的なクレジットカードと比べると社会的ステータスなどがあまり考慮されず、審査基準が甘いとされています。

年会費

カードによって異なりますが、永久無料や初年度のみ無料のものが多いです。

やはり、主婦層をターゲットにしているため、発行手数料などはかからない傾向にあります。

また、前年度に一度でも利用すれば翌年の年会費は無料とするカードも存在します。

主な永久無料カード

エポスカード、PARCOカード、セゾンカード、OPクレジットカード

主な初年度無料カード

東急カード(年間1,000円)、ルミネカード(年間1,000円)、タカシマヤカード(年間2,000円)、大丸松坂屋カード(年間1,000円)

特典

百貨店系のクレジットカードはショッピングの還元率が非常に高い傾向にあります。

また、通常のクレジットカードと同様にポイントも付与されるほか、カードごとに異なりますが例として以下のような特典も付属します。

  • ショッピング券の贈呈
  • ショッピング割引
  • 医療などの無料電話相談サービス
  • 駐車場代の割引または無料サービス
  • Suica、Pasmo機能の付帯

エムアイカード

MICard
エムアイカードは大手百貨店グループの三越伊勢丹グループが発行したクレジットカードです。2010年4月から会員の募集を開始しました。

2016年4月6日にエムアイカードはサービス内容がリニューアルされてポイントとマイルとの相互交換が可能となり、所有を検討する方が増えたといわれています。

エムアイカードの国際ブランドはVISAまたはAMEXです。

カードの特徴

エムアイカードの最大の特徴は、グループ店舗で利用した際のポイント還元率の高さにあります。

また、エムアイカードは店舗のサービスカウンターなどで発行すると即日発行することができます

三井伊勢丹グループをよく利用するならば、ぜひ所有することをおすすめします。

主な提携ショップ

三越、伊勢丹、丸井今井、岩田屋などです。

他の百貨店系のクレジットカードと比べると、非常に広範囲で利用できるといえます。

カードの種類

鹿島神宮カード

基本的にはゴールドカードと一般カードの2種類です。
 
しかし、エムアイカードには鹿島神宮と提携した鹿島神宮カード、さらにプロサッカークラブである北海道コンサドーレ札幌を応援するCSエムアイカードなども存在します。
 
鹿島神宮カードでは貯まったポイントが鹿島神宮へ寄付され、CSエムアイカードでは北海道コンサドーレ札幌ホームゲームの割引券プレゼントやグッズ割引などの特典があります。

また、国内有料道路をキャッシュレスで通過することができるETCカードを同時に発行することが可能です。

出典 : https://www.micard.co.jp/card/

入会条件

エムアイカードは安定した収入があって日本国内在住であれば所有することができ、一般的なクレジットカードと比べると審査基準はゆるいと言われています。

ただし一般カードは満18歳以上、ゴールドカードは満28歳、年収500万円、住居と勤続年数3年以上が条件となっています。

特典

例として、以下のようなサービスが提供されています。

三越展覧会の無料鑑賞

三越各店舗が開催する展示会に無料で入場することができます。同伴者は1名のみ無料となります。

リクルート&フレッシュマンクラブ優待

リクルートフェア開催期間中は関連商品を5%割引で購入することができます。

住まいサポート(月額300円)

24時間365日いつでも住まいの水回りや電気トラブルに対応してくれ、応急処置程度であれば無料で作業を行ってくれます。

各店舗のサービス

三越銀座店では託児スペース「キッズスクエア」を優待価格で利用することができます。

また、札幌や新潟などの店舗では駐車場料金を1時間無料とするサービスが実施されています。

年会費

一般カード 年会費2,000円, 家族カード年会費無料
ゴールドカード 年会費10,000円, 家族カード年会費2,000円

また、ETCカードに年会費はかかりませんが、鹿島神宮カードの年会費は通常より高額となります。

利用限度額

お金

申請時は30~100万円ほどで設定されることが多いです。ただし、エムアイカードには明確な利用限度額が存在しないため、各契約内容によって異なります。

また、利用限度額は増額申請することが可能で、その場合は新たに審査を通過する必要があります。

一時的な増額

1回払いのショッピング枠を最大1ヶ月の間、増額することができます。

Webもしくは電話で利用目的などを伝えることで申請することができ、翌日以降に電話にて回答されます。

継続的な増額

ショッピング枠を増額する場合、Webか電話で申請することで2週間以内に書面で回答されます。

また、キャッシング枠の場合、書類の記入や年収証明書の提出が必要となります。

学生はどちらの枠も継続的な増額をすることができませんが、主婦の場合はショッピング枠のみ継続的に増額することが可能です。

ポイント

エムアイカードは200円の利用につき1ポイント(還元率0.5%)、ゴールドの場合は100円につき1ポイント(還元率1%)付与され、ポイントの有効期限は最長25ヶ月です。

ただし、三越伊勢丹グループで利用した場合は、一般カードも100円ごとに1ポイント付与されます。さらに3000円以上の利用では、前年度のグループ店舗での利用額に応じて5%~10%のポイントが付与されます。この年間利用額には自身だけではなく、2親等以内の家族が利用した金額も含めることができます。

年間利用額 0~30万円  還元率5%
年間利用額 30~100万円  還元率8%
年間利用額 100万円~  還元率10%

ポイントは1ポイント1円としてレジで利用できるほか、JALでは3,000ポイントで1,500マイル、ANAでは2,000ポイントで500マイルと交換することができます。

また、Suica機能やICOCA機能の利用でもポイントが貯まるほか、ビッグカメラなどの優待加盟店ではポイント付与が2倍になります。

エムアイポイントについて詳しくは下記公式サイトを参考にしてください。
出典 : https://www.micard.co.jp/service/mipoint/

エムアイゴールドカードの特典

MIGoldCrad

エムアイカードは一般カードとゴールドカードでサービス内容の差が顕著であると言われています。

ゴールドカードは年会費が高いですが、それを上回る非常に大きなメリットがあります。

まず、ゴールドカードはどこで利用しても基本還元率が1%と高いため、三越伊勢丹グループの店舗に限らず普段から利用するメインカードとして利用することができます。

さらに、ゴールドカードでは駐車場1時間サービスなどさまざまなクーポンが配布されます。

普段から三越伊勢丹グループを利用する方ならば、非常にお得なサービスといえます。

また、一般カードに保険はありませんが、ゴールドカードの場合は海外・国内旅行傷害保険5,000万円~1億円、ショッピング保険300万円が付帯します。旅行代金の支払いにも1%のポイントが付与されます。

くわえて、空港ラウンジや三越伊勢丹のラウンジが無料となることも魅力の1つです。

他にもさまざまな特典がありますが、年会費の元をとるには十分の内容だといえます。

エムアイゴールドカード公式サイト
https://www.micard.co.jp/service/gold.jsp

カテゴリー

ページ上部へ戻る