コンテンツ詳細

飛行機で旅行というと、マイルというワードを聞く機会が格段に増加します。

では、そもそもマイルとはどのようなサービスであり、誰にとって有利なのでしょうか。

そもそもマイルってなに?

air mile
マイルを簡単に説明すると、航空会社が顧客に提供しているサービスであり、簡潔にいうとポイントカードの様なものとなっています。

マイルを獲得するためには、各航空会社のマイレージプログラムに参加する必要がありますが、入会金、年会費無料で入会できるため、飛行機を利用する場合にはお得なサービスとなっています。

マイルについて言えば、飛行機を利用するたびにポイントが貯まり、一定のポイントを貯めることで対象商品やサービスとの交換が可能になります。

交換できるサービスとして、無料の航空券を始めとして、ホテルの宿泊、電子マネーなどにも交換ができます。

また、ポイント交換でエコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードする事も可能です。

しかし、マイルは利便性の高いサービスですが、日系の航空会社のANAなどには、期限があり、期限を過ぎると貯めたポイントが全て消滅します。

その為、貯めたポイントが期限切れで消滅する、期限なしで利用したいと考える方もいるでしょう。

今回は、ANAにスポットを当て、マイルを期限なしで使用可能にするための永久マイル取得方法について見ていきます。

ANAのマイルシステム

ANAマイルシステム
ANAのマイルを貯めるには、ANAのマイレージプログラムに参加する必要があります。また、入会金・年会費無料で誰でも入会可能であり、入会は、オンライン入会と空港のANAカウンターで入会できます。

入会する時に会員カードを作成しますが、クレジットカード機能があるものとないものをはじめ、プリぺイド機能、キャッシュカード機能などの各種機能を備えたカードがある為、自分の用途に合ったカードを作成しましょう。

効率的にポイントを貯めたい場合は、還元率が高いクレジットカード機能付きがおすすめです。ちなみに、クレジットカード機能付きのものは必ず審査があることを忘れないでください。

そして、クレジットカード機能付きのカードを使用すると、ANAのマイルは飛行機に乗る以外の方法でも貯める事ができます。その為、日々の生活においてマイルを貯めることが可能であり、クレジットカードを使用する人であれば使用率の高い人ほど還元される額は多くなっていきます。

マイルは貯めていく事で、ANA国内、国際線特典航空券、座席のアップグレードや提携ポイントへの交換など様々なサービスや特典に交換できます。

しかし、ANAのマイルには3年間という有効期限があり、例えば、2017年9月25日に獲得したマイルであれば、2020年9月30日(月末)が期限となり、期限が過ぎるとポイントがなくなることに注意しましょう。

ANAの永久マイルとステータス

永久マイルとステータス
結論から言うと、ANAの永久マイルを取得するためには、二つの方法があります。

一つ目は、ミリオンマイラーになる事です。ミリオンマイラーとは、「ライフタイムマイル」(LTマイル)という、実際に飛んだ距離に応じてもらえるポイントが100万ポイントを超えるとことで認定されます。ミリオンマイラーになると、マイルの有効期限が撤廃されるという特典があります。

しかし、ミリオンマイラーになるには東京―ニューヨーク間で75回往復、東京―大阪間であれば1786回往復が必要となり、この段階に航空機の利用のみで到達できる方は空港利用者の方の中でも限られてくるでしょう。

二つ目の方法は、ミリオンマイラーのように生涯ではありませんが、プレミアムメンバーサービスでダイヤモンド会員になることです。プレミアムメンバーサービスは、ANAが飛行機に多く乗る人向けに、提供している特別なサービスであり、一般的に「ステータス」と呼ばれています。

ダイヤモンド会員になれば、完全に無期限ではありませんが、ダイヤモンドサービス提供中はマイル失効がなくなります。

ANAのプレミアムメンバーには

「ブロンズサービス」メンバー
「プラチナサービス」メンバー
「ダイヤモンドサービス」メンバー

の3ランクに分かれており、ダイヤモンドサービスメンバーは最上位です。

ダイヤモンドサービスは、年間で100,000プレミアムポイント以上、そのうちANA便の利用で50,000プレミアムポイント以上の使用が到達条件になっています。

ミリオンマイラーよりはこちらの方が条件としては緩やかだと言えるでしょう。

しかし、こちらも東京―大阪間を普通席・普通運賃などで片道利用した場合に、貯まるプレミアムポイントは、およそ1000ポイント。

つまり、50,000プレミアムポイント以上貯めるには、この区間を1年で片道100回か往復50回、1ヶ月に4~5回、ほぼ毎週欠かさず搭乗しないと達成できません。

その為、100,000ポイント全て飛行機利用で貯めるのは、かなり厳しくなっています。

修行のやり方、費用・日数

修行
修業とはステータスを獲得し、特別なサービスを受ける目的でステータスを上げるために飛行機に乗る行為ことを指します。今回は、マイルの有効期限を失くすため、ダイヤモンド会員になる為の修行について解説します。

ANAではANAマイレージ会員に対してプレミアムポイントを付与しています。このポイントは1月〜12月の1年間で累積され、獲得ポイントに応じてステータスか確定します。ダイヤモンド会員を目指すには、100,000ポイントの獲得が必要でそのうち、半分の50,000ポイントはANAグループ運航便を利用して貯める必要があります。

その為、クレジットカードなどの発行・使用を行ってもある程度は、ANAに関連したものでなければステージアップすることはないと言えるでしょう。

 国内線で修行に頻繁に使われているのが、日本の国内線で一番の長距離路線「那覇~札幌千歳便」を利用する「羽田―那覇―札幌千歳―羽田」または「羽田―札幌千歳―那覇―羽田」の三角飛びです。

 この三角飛びの獲得プレミアムポイント・獲得マイルとして、28日前までの予約・発券で利用可能なプレミアム旅割28を利用したとすると
・羽田―那覇 2,860PP・1,230マイル
・那覇―札幌千歳 3,892PP・1,746マイル 
・札幌千歳―羽田 1,675PP・637マイル

が獲得可能であり、合計すると8,427PPと3,613マイルほどになります。

プレミアムポイントの算定に関しては、ANAフライトマイル・プレミアムポイントシュミレーションにて行うことが可能です。

費用に関しては、三角飛び一回で

・羽田―那覇 24,700円
・那覇―札幌千歳 38,850円
・札幌千歳―羽田 16,900円

合計80,450円となり
一回で8,427PP獲得できる為、100,000PP貯めるには、12回の利用が必要であり
費用は965,400円ほど必要となるでしょう。

尚、ANAマイルをANA SKYコインに交換し航空券を購入することができる為、12回分のマイル43,356円をANA SKYコインに交換した分を差し引くと922,044円になります。

必要日数に関しては、この場合であればプレミアム割引28を利用している為、1ヶ月に1回行うことを考えると、12ヶ月ほどは期間として必要です。必要日数に関しては長いと感じるかもしれませんが、日帰りで帰れるメリットも含め、三角飛びが最も効率的なステータスの為の修行といえるでしょう。

修行の方法に関しては、今回のように国内便を利用するパターンもあれば、国際便を利用する方法、両方を併用するパターンも不可能ではありません。しかし、航空機の利用における注意点として、早めに予約を行っていた場合でも、機材の不具合、天候の悪化等により飛行機が欠航する場合も少なくありません。そうなった場合は、ポイントが獲得できなくなるので、代替え案は常に練っておきましょう。

ステータス獲得後のクレジットカードとの連携

マイル
修行する人の目的として、1つにANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を持つことが挙げられます。

ANASFCはステータスにおいてはプラチナ以上の方が発行できるカードであり、1/1〜12/31の間で、50,000ポイントの獲得が必要でそのうち、半分の25,000ポイントはANAグループ運航便を利用して貯めることが条件になります。

もう1つのSFCを持てる資格を得る条件は、ミリオンマイラーになる事ですが、これはハードルが非常に厳しく非現実的な内容となっています。

ちなみに、プラチナまでのステータスは、プレミアムポイントを獲得した年の、翌年4月から1年間、様々な特典サービスを受けることが可能です。しかし、1年経った後もステータスを維持するためには、翌年も同様のプレミアムポイントを貯めなければならない為、ステータス維持は非常に厳しいと言えるでしょう。

しかし、ANASFCを持つことによって半永久的にプラチナステータスと同等のサービスを受けることができます。

注意点としては、プラチナステータスに該当している期間内のみカードの申し込みが可能であり、この期間を過ぎるとANASFCを持つことができなくなる為、ステータスを獲得したらすぐに申し込みましょう。

重要な注意点として、ANASFCはあくまでもクレジットカードなので新規入会時には審査があり、5万プレミアムポイントに到達してもカードの審査に落ちる場合があります。

このような状況を防ぐためには、ANASFCを持つ前に、JCB・VISA・Master Card・ダイナース・アメリカン・エキスプレス等のブランドの同グレードのANAカードを持っておくことが有効とされています。

また、これらのカードを所持していれば、申し込み時には新規入会ではなく、カードの切替として処理される為、審査なしでANASFCを入手できるという利点があることを覚えておきましょう。

また、一般カードでもプレミアムカードでもANAプレミアムメンバーとして受けられる特典・サービスはボーナスマイルの違い以外は同様です。

年会費は、最安値が一般のANASFC( JCB、VISA、Master Card)で11.070円。最高値が、ANAダイナースSFCプレミアムの167,000円となっています。

受けられるサービス・特典には

・空港での優先チェックイン
・空港ラウンジのアクセス優先搭乗
・手荷物許容量の追加
・手荷物取り扱いの優先
・優先空席待ち予約
・空港での空席待ちの優先
・ゴールドトラック(専用保安検査)

等があり、通常とは違い、上級会員ならでは特別な扱いを受けられます。

それだけでなく、カードのステータスが高いことによってクレジット会社の独自特典も連動して受けられるため、空港の利用頻度が高いのであれば、SFC獲得を目指しましょう。

ANAの永久マイル入手の為には、ダイヤモンドメンバーを目指す必要がありますがそのハードルは低くはありません。また、プラチナまでのステータスは1年間しか適用されない為、継続してプレミアムポイントを貯めていく必要があります。

プレミアムポイントを貯めていく過程でマイルも貯まって行くため、継続してステータスを獲得していく事で、マイルが貯まり、ミリオンマイラーに近づきます。ミリオンマイラーの条件は非常に厳しいものとなっていますが、プラチナメンバー以上のステータスを獲得した際は、ANASFCへの申し込みが可能である為、申し込みを忘れないようにしましょう。。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る