コンテンツ詳細

ブラックカードはクレジットカードを利用している人の中で、憧れ的存在となっています。

さまざまな無料情報サイトで取得方法や発行条件、サービス内容や特典内容が紹介されており、いずれのサイトを確認しても最高クラスのクレジットカードとして君臨していることが分かります。

日本で入手可能なブラックカードも存在しますが、入手のハードルが高い、プレミアムなカードとなっています。

この記事では、ブラックカードを入手したい人向けに、ブラックカードとはどのようなカードか、その種類と内容はどのようなものか、利用している人はどのような人がいるのかについて解説します。

また、ブラックカードは利用限度額がないという噂についても徹底検証いたします。

ブラックカードってどんなカードなの?

ブラックカード
ブラックカードとは、クレジットカードの最高ランクに位置する存在です。

クレジットカードには、VisaやJCBなどの国際ブランドの他に、カードランクが存在します。

カードランクが高ければ高いほど、年会費が高くなり、その分サービス内容が上質となります。

カードランクは、一般のクレジットカード、その上にシルバーカード、さらに上にゴールドカードとランクが高くなります。

以前はゴールドカードが富裕層の象徴的カードでしたが、最近はゴールドカードの上にプラチナカード、その上にブラックカードが存在しています。

プラチナカード以上のクレジットカードは、カード会社からの招待を必要としているものが多く、自分で入会申し込みをしたとしても作れるものではありません。

カードの利用期間や利用額、返済能力など、総合的な判断によってカード会社が招待してくれます。

つまり、ブラックカードを持とうと思ったらそのカード会社の利用実績を蓄えなければならないのです。

ブラックカードを保有するために必要な年収

ブラックカードを保有するためには一定以上の年収が必要といわれています。

カード会社によってもまちまちではありますが、一般論として年収1,000万円~2,000万円以上は必要だといわれています。

日本の平均年収が400万円台であることを考えるとかなりの高年収でないと保有することはできません。

また、年収だけでなく、保有している資産額や、さきほど紹介したカードの利用実績も評価の対象となりますので、ブラックカードを持ちたい場合には、積極的にカード払いをする必要があります。

ブラックカードの特典

ブラックカードの特典は上質なものばかりなので、一般のクレジットカードしか利用したことがない人が聞くと、どれも驚きの特典内容ばかりとなっています。

数ある特典の中からいくつかピックアップして紹介すると、たとえばコンシェルジュサービス、空港ラウンジ無料サービス、ホテル・レストラン・航空機の優待などがあります。

コンシェルジュサービスとは、専任のコンシェルジュが担当として付いてくれて、お店の予約やさまざまな手配をあなたの代わりに行ってくれます。24時間365日対応がウリとなっており、電話一本で秘書のように動いてくれます。

空港ラウンジ無料サービスは、世界中の主要空港でラウンジが無料利用できる上、同行者も無料となる場合が多いので、ビジネスでの利用シーンや旅行など、ゆったりとした旅を演出してくれます。

ホテル・レストラン・航空機の優待は、ホテルや航空機の部屋や座席のアップグレード、レストランの割引、普段は入れないお店に入れるなどの特典があります。

これらの他にも、カード会社によって、さまざまな特典が用意されており、プレミア感を味わうことが可能です。

最上級ブラックカードの種類と特典内容を比較

クレジットカード
では、具体的にブラックカードにはどのような種類があるのでしょうか?

年会費別に、日本で発行されている代表的なブラックカードの種類と内容を比較してみました。

年会費35万円のアメックスセンチュリオンカード

American express Centurion
年会費35万円のアメリカン・エキスプレス(アメックス)センチュリオンカードは、ブラックカードの中でも最高級のクレジットカードとして知られています。

日常生活で利用できるコンシェルジュと、旅行の時に利用できるコンシェルジュの2人の担当が付くため、より専門性の高いコンシェルジュサービスを受けることができるという特徴があります。

カードはプラスチック製ですが、希望すればチタン製のカードを発行してもらうことも可能であるため、より重厚感のあるクレジットカードを保有することも可能です。

プライベートジェット機を貸切にできたり、数億円の旅行保険が付帯するなど、最上級のサービスを受けることが可能です。

年会費15万円のSBIワールドカードマスターカード

SBI World Card
年会費15万円のSBIワールドカードマスターカードは、クレジットカードに天然のダイヤモンドが入っているカードで、とても贅沢な印象のあるクレジットカードです。

ブラックカードの標準的な特典に加え、海外へ渡航する際の手荷物の無料配送サービス、指定レストランで2名の食事の場合本人の分が無料となるなど、個性的なサービスを提供しています。

マスターカード利用者であれば、ぜひ入手を目指したい最上級のクレジットカードといえるでしょう。

年会費13万円のダイナースクラブ プレミアム

Diners Premium Club Card
年会費13万円のダイナースクラブプレミアムカードは、シティーゴールドプレミアムやダイナースクラブカードを保有している33歳以上の人が対象で、シティバンクの総取引額の平均が5,000万円以上という厳しい条件が設定されています。

その分、特典のスペックは申し分がありません。

他のブラックカードの特典に加え、最高1億円までの国内・海外旅行保険や、上質なコンシェルジュサービスが付いています。

年会費12万円のスルガ銀行visa infiniteカード

スルガVisa Infiniteカード
年会費12万円のスルガ銀行visa infiniteカードは、その名の通りスルガ銀行が取り扱っているカードで、スルガ銀行がメインバンクの人は取得が有利となります。

ブラックカードとしての特典は充実しており、コンシェルジュサービスや空港ラウンジサービスなどの特典のほか、ブランドショップを貸切で買い物ができるサービスや、モルディブや南アフリカなどの島を貸切で旅行可能なサービスも行っています。

年会費5万円のjcbザ・クラス

JCB the Class Crad
jcbザ・クラスはブラックカードの中では格安の年会費5万円となっており、他のブラックカードに比べると入手しやすいカードです。

ただし、JCBはプラチナカードがないため、プラチナカードだと考える人も多く、その線引きは少々難しいようです。

JCBザ・クラスの特典の特徴として、東京ディズニーリゾートでの優待が個性的です。

特定のアトラクションでは並ぶ必要がなかったり、ラウンジを利用してゆっくり過ごすことが可能です。

ディズニーファンにとっては喉から手が出るほど入手したいカードとなっています。

年会費3万円の楽天ブラックカード

楽天Black card
楽天ブラックカードは年会費3万円で、ブラックカードとしては安価な年会費となっています。実質的にはプラチナカードという位置づけと考えられているカードでもあるため、他のブラックカードと比べるとサービス内容は劣り、プラチナカードレベルのサービスとなっています。

とはいえ、プラチナカードでも十分サービスは充実しているので、ブラックカードの雰囲気とプラチナカードのサービスを受けたい人におすすめのクレジットカードです。

ブラックカードを持っているのはどんな人?

ブラックカード
ブラックカードはクレジットカードの最高峰のカードとして憧れの的となっていますが、多くのブラックカードが高い年会費を払わなければならない上、取得条件はとても厳しいものとなっています。

では、そのようなカードを持っている人はどのような人なのでしょうか?

ここでは具体例として、ブラックカードを保有していると噂の芸能人を紹介いたします。

ブラックカードを持っているという噂の芸能人

ブラックカードを保有している芸能人には、たとえばダウンタウンの浜田雅功さんや、みのもんたさんがいらっしゃいます。

彼らはアメリカンエキスプレスセンチュリオンカードを持っているといわれており、他にも同じカードを坂上忍さんや高橋英樹さんが保有しているといわれています。

また、ダイナースプレミアムを新庄剛志さん、SBIワールドカードをGACKTさんが保有していると噂されるほか、カード会社は不明ですが、タモリさんや志村けんさんもブラックカードを保有していると噂されています。

ブラックカードの利用限度額には上限がないって本当?

お金
ブラックカードについてよくいわれることとして、ブラックカードには利用限度額がないということがあります。

一般的なクレジットカードには10万円から30万円程度の限度額がありますし、ゴールドカードも50万円から100万円の限度額があります。

プラチナカードですら限度額があるといわれているのですが、果たして本当にブラックカードには利用限度額はないのでしょうか?

基本的にはブラックカードでも上限はある

実は、基本的にはブラックカードも限度額が設定されています。しかし、一定の基準があるわけではなく、個人ごとにその金額はことなります。

カード利用者の実績や年収、資産状況のほか、信用情報と照らし合わせた返済能力なども判断されており、総合的に限度額が定められているようです。

上限のないブラックカード

一方で、限度額がないブラックカードも存在します。それは、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードとダイナースクラブ・プレミアムカードです。

これらのカードは発行する時点で他のブラックカードよりも審査条件が厳しいといわれており、一握りの人しか保有ができません。

その分、しっかりとした信用力のある人が保有していることとなり、限度額の制限を付けていないようです。

まとめ

ブラックカードはクレジットカードの中で最高ランクに位置しており、入手条件や年会費が高額である分、付帯サービスも最上級となっています。

ブラックカードの入手を目標に日々頑張っている人も多いようなので、ぜひあなたも日常の励みとして入手を目指してはいかがでしょうか?

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る