コンテンツ詳細

クレジットカードを持つということは、大人として認められたという一つの証です。

発行してもらうにはある程度の収入や属性など、信頼できる人物であると認めてもらわなければなりません。

今回はそんなまさに大人への階段の第一歩ともいえるクレジットカードの年齢制限について掘り下げていきます。

何歳から作ることができるのか、または年齢だけではなく仕事の有無や属性などにも触れていきます。

最後には年齢制限に引っかかってもどうしてもクレジットカードが欲しいという方のために、マル秘情報をご紹介しますので、どうぞ最後までお読みいただければ幸いです。

大前提としてクレジットカードには年齢制限がある

年齢制限
まずクレジットカードというのは、先にも触れたとおり、社会的に安定していることを認められて発行されるものです。

そのため、何歳であっても申し込めば発行してもらえるというものではありません。

クレジットカードを発行、審査するどの信販会社を見ても申し込める人物は18歳以上と書かれています。

さらには高校生以上を除くとほぼ但し書きされているので、満18歳の高校生も基本的にはクレジットカードを作ることは不可能ということになります。

では、18歳未満または18歳満で社会に出て安定した収入がある、または18歳以上の19歳や20歳のいわゆる未成年であっても問題ないのでしょうか?

気になる疑問を一つ一つ見ていきましょう。

18歳未満で既に就職し働いている場合

子供とおばあちゃん
多くはありませんが、中学を卒業して就職をし、早く社会に出る方もいらっしゃいます。

その場合は、クレジットカードを作るために必要な要素である社会的安定性を満たしているはずですね。

基本的には安月給かと思いますが、例えば正社員で手取り10万円でも年間で見れば140万円近くの年収と予想できます。

世間にはアルバイトでさらに年収が低く社会的にも審査評価としては低い方もクレジットカードを利用しているはずなので、作れると考える方もいるかもしれません。

しかし、結論から言ってしまえば、どれだけ収入があろうと社会的に安定していようと18歳未満ではクレジットカードを作ることはできません。

納得いかないかもしれませんが、これはクレジットカード界における法律のようなものです。

日本においては18歳以上(高校生を除く)である程度大人として認められるという風潮、または社会的制度が存在しますね。

クレジットカードのほかにも条件付きではありますが男性であれば結婚できるようになったり、22時以降の夜勤ができるようになります。

なので、18歳未満が日本でクレジットカードを作ることは年齢制限に必ず引っかかるので難しいと言わざる負えません。

18歳以上で社会に出て働いている場合

次に18歳以上の場合はどうでしょうか。

同年代は高校に通っているが、既に社会人として働いているケースです。

端的に言えばクレジットカードの年齢制限には引っかかりません。

ただし発行、作成できるかどうかは別です。

大事なことなので再三になりますが、クレジットカードの審査に通るためには、信販会社から信用を得なければなりません。

既に18歳で社会人として働いているといっても、多くは社会人一年目、そして未成年は正社員であろうとなかろうと親権者の同意が必要です。

つまりは、クレジットカード会社からすれば、年齢制限に引っかからずとも上記ケースでは発行してよいか考えあぐねてしまうステータスです。

発行すること自体は可能だが、そもそも審査に通ることが難しい状態だと思ってください。

18歳以上だが未成年の場合

最後に18歳以上で大学生であったり、高校卒業後にアルバイトをしているような場合です。

さきほどのケースを考えれば、クレジットカードの年齢制限には引っかかりませんね。

年齢制限は無事クリアーですが、学生であるかどうかで二つのパターンがあります。

まずは大学生でアルバイトなどで収入があるケース。

基本的に学生という属性はクレジットカード発行には不利です。

勉強が主なのであってそもそも安定した収入とは程遠いからです。

なので、年齢的にはOKなのですが、審査に合格することが難しいといえます。

これはあくまで一般的なクレジットカードではという話で、実は学生には大変有利なクレジットカードが存在します。

それは、学生専用のクレジットカードで、有名どころでいえば学生専用ライフカードがこれにあたります。

ものにもよりますが、一般的なクレジットカードは成人で社会人、安定した正社員を主なターゲットにしているものであり、審査もそうした人物を想定した審査です。

当然、そんなクレジットカード、審査に19歳や20歳の学生が申し込めば発行が容易ではありません。

決して審査がほかに比べて甘いというわけではありませんが、学生専用ライフカードであれば学生の属性、ステータスに沿った審査をしてくれるために学生の審査通過率が非常に高いというわけです。

学生専用ライフカードは名前に学生専用とうたっているだけあって、学生専用の特典も多く、おすすめの一枚です。

たとえば、5%のキャッシュバックサービスや、携帯代金を支払うとプレゼントがもらえるキャンペーンなど、学生であれば見逃す手はありません。

ちなみに学生専用クレジットカードと言っても、未成年であれば親権者、つまりは親の同意が必要なのでご注意ください。

クレジットカードの年齢制限をまったく気にしないでよいパターン

年齢制限を気にしない
年齢制限に引っかかる、またはもしかしたら作れないかもというケースをご紹介してきました。

申し込む際に自分は落ちるかもしれない、何か突っ込まれた質問をされるかもしれないと考えながら申し込むのは嫌なものですね。

そこで次にこの場合は年齢制限をまったく気にする必要はない、というケースをいくつか挙げていきたいと思います。

高校卒業後就職し、社会人3年目

社会人で安定した収入があることはもちろんのこと、社会人3年目はおおよそ21歳前後です。

年齢制限の問題をクリアーできるばかりか、3年間税金を支払ったという証や収入証明書を提出することもできます。

そして、3年間仕事を続けている(長ければ長いほど良い)というのもクレジットカード会社からすれば高評価です。

より高い地位や収入、属性を求められるようなゴールドカードなど、上位クレジットカードでなければ安心して申し込んでも良いのではないでしょうか。

アルバイトをしている大学生4年生

次に大学四回生で学業の合間にアルバイトをしている場合です。

アルバイトでいくら稼いでいるかにもよりますが、もちろん年齢制限は問題ないので、なるべく審査の易しそうなクレジットカードに申し込んでみましょう。

紹介した学生専用ライフカードでもよいですし、クレジットカードの中でも比較的作りやすい楽天カードやyahooカードもおすすめです。

学生の場合は、やはり属性的に強いとは言えないので、新規入会や学生専用キャンペーンなどを利用して申し込むと審査に落ちづらくなります。

これは会社側が新たに新規利用者を獲得するために、審査で多くの可決を出す時期に申し込むことで、対外的に作りやすくなるというちょっとした小技です。

ぜひ皆さんも利用してみてください。

逆に年齢がかさむほど作りづらくなるケースも?

中年
それでは、逆に年齢制限的には全く問題ないけども、逆にその歳があだとなってしまうパターンも合わせてご紹介します。

例えば、30歳で今までクレジットカードを作ったことがなく、もちろん利用したこともないという場合です。

ほかにも住宅ローンやカードローンなど、借り入れに全く無縁に過ごしてきて、ある程度歳を重ねている方がクレジットカードを申し込むと審査に通りづらいというケースがあります。

こうしたケースは、ネット上でスーパーホワイトといわれる事象で、簡単に言えば安定した年収があっても今まで借りて返済したという実績がないために信販会社から発行を渋られてしまうのです。

また、この歳まで利用履歴(クレジットヒストリー)がなく、急に申し込んできたということは何かあるのかも?と勘繰られてしまう場合も。

疑うは罰せずではありませんが、疑わしきは通さずがクレジットカードの審査なのです。

とはいっても今まで現金で問題なく過ごしてきたという人にとっては言いがかりにも似たもので困ってしまいます。

そこでスーパーホワイトと言われる状態から抜けるために取れる対策をご紹介しましょう。

ハウスカードを作って遅延なく利用を続ける

ハウスカードというのは、発行元の会社、もしくはグループサービスのみで利用できるクレジットカードのことです。

例えば、スーパーが発行しているハウスカードであれば、その系列のスーパーでのみ買い物ができるというわけです。

そのため、基本的には申し込めば発行してもらえると言われるほど難易度は易しめです。

易しめではありますが、クレジットカードであることに変わりはなく、利用して支払いをすれば借り入れ履歴(ショッピング)と返済履歴が残ります。

いわゆるクレジットヒストリーと呼ばれるものがないスーパーホワイトで、一からクレジットカードノ利用履歴を作っていこうという方にはまさにうってつけのカードということです。

しかし、気を付けなければならないのが延滞などの問題を起こさないことです。

円満な利用履歴ではなく延滞情報等が載ってしまえば、言わずもがなではありますが益々クレジットカードを作りづらくなってしまいます。

どんなものも利用は計画的に行いましょう。

年齢制限に引っかかてもクレジットカードを作りたい時の2つの裏技

裏技
ではでは、本文の最後に年齢制限に引っかかるけど、どうしてもクレジットカードを作りたい人のために裏技をご紹介します。

二つご紹介するので自分の状況にあった方法を試してみてください。

15歳以上であれば家族カードを発行してもらえる

ずばり、年齢制限を超えてクレジットカードを発行する裏技とは家族カードを利用することです。

クレジットカードには契約者本人だけではなく、その家族が利用できるカードを発行してくれるものがあります。

一般的なクレジットカードと同じく年齢制限は18歳以上(高校生除く)ですが、海外渡航する子供に持たせるという目的の場合、またはそれに準ずる理由がある場合に限り、15歳以上まで発行対象の年齢が引き下げられます。

家族カードの仕組みは、枠は1つで複数のカードで利用できるというようなものです。

例えば、わかりやすく言うと30万円のショッピング枠を契約者の本体カード、家族カードA、家族カードBそれぞれで30万円の枠を共有し使うことができます。

なので、本体カードで20万円、家族カードAで20万円、計40万円と利用することはできず、それぞれ、本体10万円、Aカード10万円、Bカード10万円利用すれば枠は0円になってしまいます。

発行してもらうには契約者である方に申し込み手続きを行ってもらわなければならず、年齢制限に引っかかるという状況下では、父親や母親にお願いするというケースになるはずです。

家族カードの発行自体は申し込めば簡単に送付してもらえますが、どんな理由で申し出るのか、どう親を説得するのかという点がネックです。

さらには危惧すべき点として、利用履歴を見られる、いくら利用したかが両親にまるわかりという点が挙げられます。

何にいくら使ったかというが知られるのは、年齢制限に筆禍るような思春期まっさかりの未成年にとっては快いものではないと思います。

直近で海外に向かう予定があるだとか、学校の修学旅行が海外という場合にはおすすめの方法です。

疑似クレジットカード、デビットカードを発行!

カード
次に本物のクレジットカードと同じような機能を持つデビットカードを発行するという裏技をご紹介します。

デビットカードは特別理由がなくとも15歳以上から発行できるカードで、クレジットカードのように支払いをすることができます。

ただ一点違う点は、先払いか後払いかの違いです。

クレジットカードは与信を得ることによって、一度信販会社に支払いをしてもらい、後ほど代金を支払うというシステムです。

対してデビットカードは自分口座にある代金から利用した分だけ引き落としするという形になります。

つまりは、自分の口座に1000円あって、コンビニで500円分の買い物をデビットカードで済ませると、口座から500円引き落とされます。

普通のクレジットカードと違って与信の審査を受ける必要がないので、15歳以上と年齢制限も低めになっています。

基本的には対応する口座を持っていないと利用することできないので、口座開設が合わせて必要となり、デビットカードが利用できないサービスも存在するので注意が必要です。

一つ目の方法よりも難易度は低いはずなので、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る