コンテンツ詳細

モバイルSuicaは利用されている方も多く知名度もありますが、「EasyモバイルSuica」はご存知でしょうか?

モバイルSuicaに比べ機能が減少するEasyモバイルSuicaですがメリットも多くあります。

そこで今回はこの、EasyモバイルSuicaの機能や使い方について紹介していきます。

是非参考にしてみて下さい。

EasyモバイルSuicaとは?

EasyモバイルSuicaとは?

EasyモバイルSuicaは、モバイルSuicaと同じように、スマートフォンなどの携帯情報端末を利用し、カードタイプのSuicaのように電車に乗ったり、お買い物ができるサービスです。

モバイルSuicaに会員登録する時に、「EasyモバイルSuica」を選択することで利用が可能となります。

Suicaと言えば、PASMOと同じように全国の利用可能な電子マネーエリアで小銭を使うことなく電車に乗れるサービス。

また、それぞれの加盟店ではお買い物の際に現金を渡すことなくSuicaの残高を使い支払うことができます。

EasyモバイルSuicaの大きな特徴は、クレジットカードを登録することなく使え、年会費が無料なのが特徴です。

EasyモバイルSuicaの特徴

EasyモバイルSuicaの特徴

EasyモバイルSuicaは、年会費無料、クレジットカード登録不要で使えますが、クレジットカードでのチャージができません。

チャージをする方法は、

  • キャリア決済
  • 対応店での現金チャージ
  • ネットバンキングによる入金

となっています。

また、チャージ金額は1,000円単位で1回1万円まで可能で、上限は残高と合わせて2万円までとなっています。

使い方もシンプルでスマホや携帯をかざすだけで使えます。

キャリア決済でのチャージ

この中でもキャリア決済が多く利用されており、NTTドコモは「ドコモ ケータイ払い」、auは「auかんたん決済」、ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて支払い」で、携帯電話の利用料金と合算して支払うことができます

ネットバンキングによる入金

「EASYモバイルSuica」にチャージできる銀行は、

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • じぶん銀行

現在この4つの銀行です。

みずほと三菱東京UFJは、ネットバンキングサービスの「みずほダイレクト」「三菱東京UFJダイレクト」を契約している必要があります。

また、銀行によっては時間帯によりチャージができないことがあったり、手数料が52円~105円かかったりします。

対応店での現金チャージ

EasyモバイルSuicaは様々なお店で現金によるチャージが可能です。

■コンビニ
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・ミニストップ
・スリーエフ
・デイリーヤマザキ
・ローソンストア100
・セイコーマート など

■家電量販店
・ツルハドラッグ
・くすりの福太郎 など

■スーパー
・イオン
・まいばすけっと
・ピーコックストア など

■家電量販店
・コジマ
・ビックカメラ
・ソフマップ

EasyモバイルSuicaのデメリット

デメリット

モバイルSuicaで利用できる、以下のサービスがEasyモバイルSuicaでは利用ができません。

  • クレジットカードによる入金
  • オートチャージ
  • 定期券
  • Suicaグリーン券
  • モバイルSuica特急券

Suicaを利用出来るところでは基本的に使えて便利なEasyモバイルSuicaではありますが、このようなデメリットもあります。

まとめ

EasyモバイルSuicaの機能や使い方

いかがでしたか?

今回は、EasyモバイルSuicaの機能や使い方について案内してきました。

モバイルSuicaほど機能が充実しているわけではありまえせんが、2万円の上限内で使う分には非常に便利と言えます。

使いすぎる心配もなくなるので、是非EasyモバイルSuicaを活用してみて下さい。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る