コンテンツ詳細

ゴールドカードは、アメリカンエキスプレスが最初に導入したクレジットカードで、ステータスの象徴として多くの人から憧れられて来た富裕層の象徴です。

クレジットカードといえばアメリカンエキスプレスとダイナースクラブがハイステータスというイメージを持つ人が多いようですが、最近はカードランクがはっきりとしているので、カード会社のみならずカードランクでステータスを測るケースが多いようです。

この記事では、ゴールドカードの特徴をクレジットカード初心者でもお分かりいただけるように基本情報から紹介し、ゴールドカードのメリットとデメリットを解説します。

また、ゴールドカードの中からおすすめのクレジットカードをピックアップし、それぞれの違いを比較したいと思います。憧れのステータスカードを入手する際の参考としていただければ幸いです。

ゴールドカードってどんなカード?

ゴールドカード
ゴールドカードは一般のクレジットカードよりもカードスペックが高いクレジットカードです。

そのため、一般のクレジットカードでは受けることができないような上質な特典を受けられるほか、ハイグレードなサービスを便利に利用することが可能です。

しかし、一般のクレジットカードに比べると年会費が高いため、かつては富裕層の象徴として憧れの的となっていたのです。

しかし、最近は低年会費のゴールドカードがあったり、年会費無料のゴールドカードが登場しているため、とても手軽にハイステータスなクレジットカードを手に入れることができるようになりました。

財布から黄金に輝くクレジットカードを取り出せば、一緒にいる人の前でちょっとした優越感を感じることができますよ。

ゴールドカードのカードランク

クレジットカードにはカードランクというものがあります。最も手軽なカードランクは、年会費無料の一般のクレジットカードです。ステータスは低いですが、手軽で合理的に利用できるカードが多いのが特徴です。

一般のクレジットカードの上にはシルバーカードがあります。実は明確にシルバーカードというカテゴリはないのですが、クラシックカードなど券面が銀色に輝いているものを俗称としてシルバーカードと呼ぶことがあります。

明確なカテゴリがないため、一般のカードと区別がつきにくいのですが、一応シルバーカードというランクが存在していると考えている人も多いので、一般のカードのワンランク上のカードと漠然と理解しておきましょう。

そして、その上にゴールドカードが存在します。ゴールドカードが登場した当初は、このカードが最上級のカードであったため、お金持ちの象徴とされてきました。

しかし今では、ゴールドカードの上にプラチナカード、さらにその上にブラックカードが存在しているので、ゴールドカード以外によりステータスの高いカードが君臨することとなったのです。

カードランクが上がるごとに、付帯サービスの質や、特典内容が上質になっていきますが、その分審査も厳しくなります。年収要件も上がっていくため、入手するのが難しくなるのです。

ゴールドカードの4つのメリット

クレジットカード
ゴールドカードはハイステータスなカードだけあって、メリットが多いクレジットカードです。

さまざまなサイトをリサーチすると、細かなメリットまで一覧で紹介しているものもありますが、それらを分類すると4つのメリットに集約することができます。

では、一体何がゴールドカードのメリットなのでしょうか?

1つは「空港ラウンジサービスの利用で旅の質がワンランク上がる」、1つは「付帯保険が充実していて安心できる」などがあげられます。

ほかにも「さまざまな優待特典を受けることができる」「ハイステータスを実感できる」などがあり、利用者が高いステータスを感じられるようなクオリティーの高いサービスを提供しています。

では、これらのメリットについて1つずつ見て行きましょう。

空港ラウンジサービスの利用で旅の質がワンランク上がる

ゴールドカードのメリットとして、空港ラウンジを無料で利用することができるというサービスがあります。

基本的に国内のメインとなっている空港であれば大抵のところは利用可能で、提供される飲み物を飲みながら、フライトまでの時間を優雅にくつろぐことが可能です。

フリーWi-Fiも使用可能であるため、忙しいビジネスマンはインターネットを接続して隙間時間に仕事や情報収集をすることも可能です。

のんびりくつろぐにせよ、有意義に過ごすにせよ、より上質な旅を演出してくれるでしょう。

また、ゴールドカードで貯まったポイントをマイルに交換することで、よりお得に航空機を利用することもできますので、かしこく活用すると良いでしょう。

付帯保険が充実していて安心できる

ゴールドカードは付帯保険が充実しているというメリットもあります。一般のクレジットカードも付帯保険が付いているものが多いのですが、ゴールドカードの方が補償金額や補償内容が充実しており、ステータスカードとしての風格を感じさせています。

旅行に行く場合には、旅行会社が主催するツアーであれば旅行保険が付いているものも多いようですが、個人旅行の場合には自分で加入しなければならない場合もあります。

しかし、旅行のためにわざわざ旅行保険に入るという発想をしていない人も多いため、クレジットカードに旅行保険が付帯されていると安心してお出かけすることができるでしょう。

また、ショッピング保険が付いていたり、飛行機が遅れたことによる補償が付いていることも、ゴールドカードの魅力の1つといえます。

さまざまな優待特典を受けることができる

ゴールドカードは一般のクレジットカードよりも数多くの優待特典を受けることが可能です。

カード会社によってその内容は異なるのですが、共通している点としては一般のカードよりもポイントプログラムの還元率が上がったり、ホテルやグルメの優待を受けることが可能です。

特に提携しているグループのサービスを活用することによるポイント還元率の上昇メリットは大きく、通常の還元率の2倍から3倍、場合によっては5倍以上の還元率となるサービスもあります。

ポイントサイトなどを経由した場合、商品やサービスによって、20倍程度のポイント還元率となることもあるため、上手にポイントを貯えて行くことが可能となっています。

ポイントは商品やサービスと交換できるだけでなく、他のポイントサービスに交換できるものもあるため、貯まったポイントの利用シーンは幅広いというメリットもあります。

ハイステータスを実感できる

ゴールドカードを持っていると、ハイステータスを実感することができます。本来ゴールドカードは年会費も高額で、お金持ちでないと保有することができないカードでした。

低年会費ゴールドカードや年会費無料のゴールドカードが登場したことで、そのステータスは崩れたという人もいらっしゃいますが、昔のイメージを残している人も多く、ゴールドカードで支払いをしている人を見かけると、キッチリとした人とみなされやすいのです。

かつて最高ランクに位置していたゴールドカードのステータスの名残は、手軽に入手できるようになった今でも、しっかりと受け継いでいるようです。

また、プラチナカードやブラックカードなど、現在のプレミアムカード保有の予行演習と捉えている人もいらっしゃいます。

最近のゴールドカードはステータスと手軽さの良い所取りをしているカードという位置づけとなっています。

ゴールドカードのデメリット

クレジットカード
ゴールドカードはメリットが多いクレジットカードではありますが、果たしてデメリットはないのでしょうか?

実は大きく分けると2つのデメリットがあります。1つは「年会費が一般のクレジットカードより高い」、もう1つは「審査条件が一般のクレジットカードより厳しい」ということです。

これからゴールドカードを入手しようと考えている人は、メリットを参考にすることも大切ですが、デメリットもしっかり検証してから申し込むことをおすすめします。

メリットとデメリットをしっかりと精査した上で、あなたに合ったゴールドカードはどのカードなのかを考え、最適なクレジットカードを選びましょう。

では、ゴールドカードの2つのデメリットについて詳しく解説します。

年会費が一般のクレジットカードより高い

ゴールドカードのデメリットは、相対的に年会費が一般のクレジットカードよりも高いというところです。一般のクレジットカードの場合、年会費無料のカードが人気を占めていますが、ゴールドカードは高いものだと年会費が3万円以上します。

ただ持っているだけで年会費が毎年3万円以上かかるわけですから、費用的なデメリットといえるでしょう。

ただし、2,000円から5,000円程度の低年会費ゴールドカードや、年会費無料のゴールドカードもありますので、全てのゴールドカードのデメリットではありません。

さらに、年会費が高いゴールドカードも、特典や付帯保険などを考慮すると、コストパフォーマンスが良いカードとも考えられますので、これらをよく利用する人にとってはデメリットの要素が低いでしょう。

審査条件が一般のクレジットカードより厳しい

ゴールドカードの審査は一般のクレジットカードに比べると厳しいというデメリットもあります。

ゴールドカードはハイステータスなカードとして豊富な特典や付帯保険があるがゆえに、入手のための審査は厳しめに設定されています。

ところが、一般のクレジットカードの審査基準とあまり変わらないという声も増えており、その真意に対して疑問の声も増えている実態もあります。

どうやら、審査基準は年会費が低いクレジットカードか、年会費が高いクレジットカードかによっても異なりますし、カードを発行している会社によっても異なります。

いずれの場合も、個別のカードに関しては事情はさまざまなようですが、相対的にはゴールドカードは一般のクレジットカードよりも審査が厳しくなっています。

ゴールドカードの審査に通過しない人の共通条件を知っておこう

条件
最近のゴールドカードが年会費が低い物が増えているからといって、誰でも気軽にゴールドカードを発行できるというわけではありません。

ゴールドカードに限らずクレジットカードを発行する場合には厳正な審査が行われ、審査をクリアした人だけがクレジットカードを入手することができます。

そんな中、ことごとく審査落ちするという人も数多くいらっしゃり、どうして審査に落ちたのかが分からないという声を時折耳にすることがあります。

実は、ゴールドカードの審査に落ちる人には共通の特徴があるのです。

審査落ちする人には、「複数社でローンの返済がある人」「信用情報にキズが付いている人」「債務整理をしたことがある人」「クレヒスがない人」の4つのパターンがあります。

それらの特徴を紹介します。

複数社でローンの返済がある人

複数の会社でローンがある場合には審査落ちする可能性があります。

住宅ローンを借りている人が自動車ローンも借りていて、返済額の割合が収入に対して大きい場合や、カードローンを利用している場合には審査落ちする可能性が高くなります。

特に消費者金融や銀行カードローンを複数社から借入している場合には、支払い能力が懸念されることもあるため、ゴールドカードの発行を見合わせられるケースがあります。

もしもカードローンやキャッシングを利用している場合には、残金をゼロにしておく方が良いですし、できることなら完済した上で解約しておいた方が無難でしょう。

利用していないカードローンの枠を持っていると、マイナスにこそなれプラスになることは考えにくいため、解約しておくことをおすすめします。

信用情報にキズが付いている人

信用情報にキズがついている人もゴールドカードの審査落ちしやすい人の特徴です。

日本には3つの信用情報機関があり、クレジットカードを含むすべての金融取引所法が信用情報に掲載されます。

基本的には金融機関が登録している信用情報機関に取引情報が掲載されるのですが、信用情報は場合によって共有されることがあるため、信用情報にキズがついている場合にはクレジットカードの審査で落とされるケースも珍しくありません。

信用情報のキズとは、クレジットカードやローンなどで返済遅延や延滞を起こした場合、返済を諦めて債務整理を行った場合などに付くもので、その状況に応じて一定期間保存されています。

信用情報にキズが付かないように、普段からローンに関する取引に気を配っておく必要があります。

債務整理をしたことがある人

債務整理を具体的にいうと、借金の返済をするあてがなくなり、借金の減額交渉をしたり、帳消しにしてもらう方法のことをいいます。

その状況に応じて任意整理、個人再生、自己破産という手段があり、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して手続きを行います。

これらの情報も信用情報に掲載され、5年から10年の間は信用情報ブラックとして扱われます。

そのため、一旦債務整理をしてしまうと当面の間はゴールドカードどころか、一般のクレジットカードも作ることは難しくなるので、一定期間は現金しか支払い方法として選ぶことはできません。

債務整理をしてしまった場合には、信用情報から履歴が消えるのを待って、その後地道に金融実績を付けていく必要があるでしょう。

クレヒスがない人

信用情報の履歴の中で、クレジットカードの取引実績はクレジットカードヒストリーといわれ、多くの人が略して「クレヒス」と呼んでいます。

このクレヒスが信用情報に記録されていない人は、ゴールドカードの審査に落ちやすい人の特徴に数えられます。

クレヒスがない人というのは、債務整理をしたために金融情報がなくなっている状態なのか、元々現金主義者なのかどちらかです。

現金主義者である場合には本当は何の問題もないはずなのですが、どちらか分からない以上、カード会社には嫌がられてしまいます。

金融取引は信用が命で、その信用の手段の一つとしてクレヒスが目安となっていますので、クレヒスがない場合には審査で不利となってしまうのです。

ゴールドカードの審査通過対策!こんなことをチェックされている

ゴールドカード
ゴールドカードの審査は一体どのようなことがチェックされているのでしょうか?

審査でチェックされている内容を知ると、審査対策を事前に打つことができて、無駄な審査落ちを防ぐことができますので、しっかりとフォローアップしておきましょう。

年収や年齢が条件をクリアしているか

ゴールドカードの審査で最初に見られることが、年収条件や年齢条件です。

たとえば無職の人がクレジットカードを持った場合、支払が滞る可能性が高いです。

クレジットカードは使用した金額を、翌月以降に支払わなければならないため、支払い能力があることがカード発行の前提となります。

そのため、継続的で安定した収入があることが必須条件となっています。

収入は高ければ良いというものではなく、継続性と安定性が重要なので、低い年収だとしても安定していれば審査通過となるケースもあります。

年収と同様に重要なのが年齢です。年齢に関しては各カード会社の申し込み条件に記載がありますので、この条件を満たしていないと申し込むことすらできません。

スコアリング審査で個人情報をチェック

クレジットカードの審査には、スコアリングといわれる個人情報の採点が行われています。

たとえば職業、住宅事情、既婚かどうか、どんな家族構成かによって、それぞれ予め決められた基準で点数化されるのです。

その点数の合計点が、審査基準を上回っているかどうかでフルイにかけられ、もしも下回った場合には審査落ちとなります。

本人確認は免許証が有効

クレジットカードを申し込んだ場合には本人確認書類を提出する必要があります。

では、本人確認書類は名前や生年月日、住所が分かればそれで良いのですが、何を提出すれば良いのか迷ってしまうという人も多いようです。

実は、最も有効といわれている本人確認書類は免許証です。

運転免許証が最も有効である理由は、運転免許証の様式は日本国中で同じものが使われており、確認しやすいという特徴があるからです。

クレジットカードの申し込みをすると、本人確認書類の選択は免許証かそれ以外という選択肢となっており、免許証の優位性を見て取ることができます。

入手しやすいオススメのゴールドカードをご紹介

カード
ここまで、ゴールドカードの特徴やカードランク、メリットやデメリットなどの情報を紹介して来ましたが、年会費無料のゴールドカードから年会費がかかるゴールドカードまで様々なカードが存在しているので、いざ選ぼうと思っても、どのカードを選んでいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここからは、比較的入手しやすいと評判のゴールドカードの中で、特に便利でお得なオススメのゴールドカードを紹介したいと思います。

あなたのライフスタイルにあったゴールドカードを見つけたら、ぜひ1枚保有してはいかがでしょうか?

MUFGカードゴールドアメックス(アメリカンエキスプレス)

MUFGカードゴールドアメックス
MUFGカードゴールドアメリカン・エキスプレスは、初年度年会費無料のゴールドカードです。

アメリカンエキスプレスはクレジットカードの中でも上質なサービスのイメージを持っている人が多く、その上でゴールドカードとなると、よりステータスが高いとみなされます。

にも関わらず年会費無料で利用できるという入手性の良さから、持つことを望む人の多い人気のクレジットカードです。

2年目以降の年会費は2,057円とゴールドカードの中では低価格で、初年度だけに限らず手軽に保有することが可能です。

国内外で優待特典や割引サービスが受けられるカード会員専用プログラムは、さまざまなシーンでお得に活用することが可能です。

また、入会1年目のポイントプログラムはお得で、初年度はショッピングポイントが国内で1.5倍、海外で2倍となります。

ほかにもさまざまなポイントアップキャンペーンがはられており、利用者目線に立ったサービスを提供しています。

旅行保険は国内外ともに2,000万円が付いており、安心して旅行に出かけることができるでしょう。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードは年会費10,800円のクレジットカードで、楽天スーパーポイント加盟店での利用の場合は1%のポイント還元率が2倍になります。

また、一定条件を満たせばさらにポイント還元率が上がるなど、手厚いポイントプログラムという特徴があります。

その上で、国内外の主要空港ラウンジを無料で利用できるほか、国内外の旅行傷害保険が5,000万円と高額であるため、充実した保険内容となっています。

また、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックなど、楽天グループのサービスとの親和性が高いため、日ごろから楽天のサービスを利用している人に特におすすめの1枚です。

楽天ユーザーの多くが額面以上にメリットを感じているクレジットカードといえるでしょう。

jcbゴールドエクステージ

JCBゴールドエクステージ
JCBゴールドエクステージは、若年層を対象としたゴールドカードで、29歳以下限定のクレジットカードです。

初年度年会費は無料で、翌年以降も3,240円と定額であるため、若いうちから有名国際ブランドのプレミアムなカードを保有できるという、価値の大きいカードといえるでしょう。

初回更新は5年経った時に行われますが、その際には自動的にJCBゴールドカードに更新がなされます。わざわざ面倒な更新方法を取る必要もありません。

これらの配慮がありながら、プライベートでもビジネスでも利便性が高く、一部の若いクレジットカードファンの中で憧れ的存在となっているようです。

若年層のうちからゴールドカードを保有したいという人向けとして、評判のカードとなっています。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISA GOLD
三井住友VISAゴールドカードは、年会費10,800円で、ポイント還元率は0.5%のVISAカードですが、ネット申込みにより発行した時には、初年度の年会費が無料になる上、ポイントアップモール経由で使うと、ポイント還元率が2倍から20倍アップします。

さらに、月々の支払い金額をリボ払いにできるマイ・ペイすリボに申し込むと年会費割引の適用がなされ、一定以上のリボ払いやカード利用があると、翌年の年会費も割引となります。

クレジットカードの高い利便性だけでなく支払いという点においても負担が軽くなり、使い勝手の良いサービスとして定評があります。

さらに、カードのウラ側に自分の顔写真が付けられているため、セキュリティーの面でも安心です。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード
イオンゴールドカードは、初年度だけでなく翌年以降の年会費も無料のゴールドカードで、スーパーのイオンを頻繁に利用する人に特におすすめのクレジットカードです。

ポイント還元率は0.5%と一般のクレジットカードと同程度ですが、イオンでのお買い物の場合はポイント還元率が2.0%となるため、お得にお買い物を楽しむことができます。

旅行傷害保険は国内外ともに3,000万円と手厚く、ショッピング保険も年間300万円まで補償されるほか、全国のイオンに設置されているラウンジを無料利用できたり、羽田空港のラウンジサービスも含まれています。

イオンゴールドカードはインビテーション制(招待制)のゴールドカードであるため、同カード会社の利用実績を貯めることで招待される確率が上がります。

もしもインビテーションが届いたら、ぜひ入手したいクレジットカードです。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
エポスゴールドカードは、年会費が初年度も翌年以降も5,400円で、ポイント還元率は0.5%となっています。

ただし、パソコンのオンラインストアとして知られるHP Directplusでの利用はポイントが10倍となり、還元率は5.0%までアップします。

さらに、利用ポイントの使用期間には限度がないため、いつまでも蓄積していくことが可能です。

ロスなくポイントを蓄積できるため、長年使っているうちに、気が付けば多くのポイントが貯まっていたということもあるでしょう。

また、年間利用額によってさらにポイント蓄積の効率が上がるというシステムが取られているため、ポイントをたくさん貯めたい人におすすめです。

ほかにも充実した空港サービスや、グルメやエンターテイメントでの優待も多く、とても利用しやすいカードです。

ゴールドカード保有者に聞いた!持っていて良かった?

ゴールドカード
これまでの解説で、ゴールドカードがどのようなものか、そして具体的にどんなゴールドカードがあるのかをご理解いただけたかと思います。

でも、本当にゴールドカードを持った方が良いのか迷ってしまうという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

最後はネット上でのリサーチや、実際に持っている人に感想を聞いて、ゴールドカードを

持っていて良かった点と悪かった点をまとめてみました。実際に使っている人の生の声として、口コミを見て行きましょう。

ゴールドカードを持っていて良かったこと

ゴールドカードを持っていて良かったという人の声を要約すると

「低い年会費なのに周りの人に良い顔ができる」
「特典が質が良くてサービスも充実している」
「保険が充実しているので1枚のカードで安心を手にしている感覚になる」

などの意見があげられていました。

これらの内容を見ていると、ゴールドカードのメリットとして紹介したことの内容との整合性が取れており、利用者はゴールドカードの持ち味を享受していることが伺えます。

また、マイナーな意見で個性的だった内容を紹介すると

「財布に金色のカードがあることで賑わいを感じる」
「年会費無料のゴールドカードだがお金持ちになった気分になる」
「デートの時にさり気なく見せて印象を上げている」

などの口コミもありました。

これらの口コミの共通点は、ゴールドカードというお金持ちのイメージによって、自分自身がステータスを感じているというところです。

ただ券面が金色というだけでも、ステータスを感じる人も中にはいらっしゃるようです。

ゴールドカードを持っていて悪かったこと

では、ゴールドカードを持っていて悪かったことを要約してみましょう。

ゴールドカードを持っていて悪かったことの意見は

「年会費がもったいない」
「特典をほとんど使っていない」
「サービスを持て余している」

という内容が多かったです。

どうやら、折角ゴールドカードを手にしても、あまり利用していないということが原因のようですが、そもそもクレジットカード自体をあまり使っていないという人も多かったので、必ずしもゴールドカードだからこその理由ではないようです。

また、マイナーな意見で個性的だったものとしては

「お金持ちの印象を与えたことで出費が増えた」
「おごる機会が増えた」

などがあげられます。

ステータスを高めた結果、そのステータスにふさわしい行動を取る習慣がついて、余分な出費が増えた人もいらっしゃるようです。

クレジットカードはお金と同じですので、計画的な利用を意識しておく必要があるでしょう。

まとめ

クレジットカード
ゴールドカードはかつてクレジットカードの最高ランクとして君臨していたお金持ちの象徴です。

現在では年会費無料のゴールドカードが出るほど手軽に入手できるようになっているため、かつてのスペックは影を潜めているようです。

しかしながら、そのステータスは健在で、今でもゴールドカードを手に入れたいという人は多く、たくさんの人から支持を集めているクレジットカードとなっています。

ゴールドカードにはメリットとデメリットがそれぞれありますが、さまざまなクレジットカードの中から自分に合ったカードを選ぶことで、デメリットを減らし、メリットを最大限享受することができるでしょう。

自分に合ったゴールドカードはどのカードか、ぜひここで紹介した内容を参考にしていただければと思います。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る