コンテンツ詳細

急なケガや病気で療養し、手持ちのお金が少なくて医療費の支払いが心配になったことってありませんか?

今まではなかったとしても、ひょっとするとこれから病院のお世話になることがあるかも知れません。

そんな時、クレジットカードで支払いができると便利で安心です。

でも、どの病院がクレジットカード払いに対応していて、どこの病院が対応していないのか、正直分からないですよね?

そこでこの記事では、クレジットカードに対応している病院の現状と、対応している病院の探し方を、カード払いのメリットとともに紹介します。

クレジットカードを利用できる病院とできない病院の現状

病院
病院がクレジットカード払いに対応していることは、テレビCMなどで盛んに宣伝されているので、ご存知のかたも多いのではないでしょうか。いずれのCMも病院でのクレジットカード払いの手軽さと便利さをうたい文句にして、積極的に宣伝しています。

しかし、全ての病院でクレジットカード払いに対応しているわけではありません。中には対応が遅れている病院もあります。

では、相対的にどういう病院では普及が進んでいて、どういう病院では普及が遅れているのでしょうか?まずは病院でのクレジットカードの現状から見て行きましょう。

大学病院や規模の大きな病院は利用可

大学病院や規模の大きな病院では、クレジットカードを利用可能としているところが大半です。そのため、クレジットカードの病院での利用は今や常識と思っている人も多いのでしょう。

しかし、実は規模の大きな病院であっても、VISAやマスターカードなどの国際ブランド大手でなければ対応していない病院もあります。中にはクレジットカード払い自体に対応していない大手病院もあるようなので、完全に普及したとは言い難い実情があります。

とはいえ、大抵の場合は利用可能ですので、手軽に医療費を支払うことができるでしょう。

市民病院や中規模病院も利用可能になりつつある

病院
市民病院をはじめ、中規模の病院ではクレジットカード払いが可能な病院と利用できない病院が混在しており、まだまだ普及しているとはいい難い状態です。医療費の支払いの際に慌てなくていいように、事前に確認しておくことが大切です。

ただ、近頃は中規模の病院もクレジットカード払いに対応しているところは増加傾向にあるため、今後さらに普及が進むものと思われます。より便利に医療を受けれるように多くのクレジットカード利用者からの期待が集まっています。

小規模病院はこれからに期待

小規模病院はまだまだ利用できない病院が多いようです。今後は利用できるところが増えて行くことが予想されてはいますが、現状では普及しているとはいえない状況となっています。

実はクレジットカード払いの導入は、病院側が手数料を支払わなければならず、経営を圧迫する要因となりえるため、特に規模が小さい病院ほど導入に慎重であることが伺えます。

一方、病院利用者の利便性の向上により、来院者を増やす目論見をしている病院もあり、そういったところはいち早く導入に踏み切っています。

こんな病院も普及が進んでいる

病院
大手病院から順番にクレジットカード払いの普及が進んでいる中、末端の個人病院までは派生しきれていないのが現状です。しかし、たとえ個人病院であったとしても、比較的クレジットカード払いの対応が進んでいる医院もあります。

それは、産婦人科の病院と歯科医院です。これらの病院ではどうしてクレジットカード払いの普及が進んでいるのでしょうか?

出産費用が高額な産婦人科

産婦人科でクレジットカード払いが普及している理由は、産婦人科の医療費の値段の高さにあります。出産にかかる費用の中で最も高額なのは出産費用ですが、これは一時金が支給され、直接病院に支払われるため、個人が立て替え払いをする必要がありません。

しかし、個室を依頼した場合や追加で治療が必要となった場合、妊婦検診などには事前に一定の費用が必要となります。また、不妊治療はその程度や期間によって高額になることも多く、現金のみの支払方法だと低いサービスと見られがちです。そのため、産婦人科では比較的普及が進んでいるようです。

競合と付加価値を付けたい歯科医院

歯科医院もクレジットカード払いの普及が進んでいる医院の1つです。歯科医院は規制緩和によって増加の一途をたどってきました。その結果、町中に歯科医院が乱立している状態となり、歯科医になるための資格試験を厳しくするべきだとの声が上がっているほどです。

歯科医院として生き残るためには他の医院よりも付加価値を付ける必要があり、その一環としてクレジットカード払いの普及を進めている医院が増加しています。ただし、今やクレジットカード払い対応というだけでは付加価値とはならず、治療を主体としたハイレベルなサービスが求められています。

クレジットカードが使える病院の探し方

クレジットカード
規模が大きな病院であっても、国際ブランドのカードしか対応していない病院があったり、クレジットカード払いに対応していない病院がある反面、規模が小さな病院であったとしてもクレジットカード払いに対応しているところもあります。

このような状況となると、一体どこが対応していてどこが対応していないのか、分からなくて悩む人も多いのではないでしょうか?そこで、クレジットカード払いに対応しているかどうかの見分け方を紹介します。

クレジットカード会社に確認する

実はクレジットカード各社の公式サイトでは、加盟店として利用可能な病院の情報を掲載しています。大抵のクレジットカード会社の場合、北海道、東北エリア、関東エリア、中部エリア、近畿エリア、中国四国エリア、九州沖縄エリアというふうに、各エリアごとに調べられるように開示していますので、あなたのお住まいのエリアの病院をチェックしてみましょう。

また、サイトでの閲覧に慣れていなかったり、自分でチェックするのが不安である場合は、各カード会社に電話して確認するという方法もあります。サポート窓口の担当者が親切に教えてくれるかと思いますので、分からなければ聞いてみましょう。

直接に病院に聞いてみる

クレジットカード会社に確認ができたとしても、クレジットカードを複数枚持っている場合には、どのカードがどこの病院で利用できるのか、確認するだけでも大変な作業となる場合があります。そこで、直接行こうと思っている病院に電話して聞くという方法も良いでしょう。

「クレジットカードはどこのブランドが使えますか?」と聞くと、利用可能なカードを教えてくれるかと思いますので、複数枚の中からあなたにとって便利なカードを持って行けば良いかと思います。その時の病院の対応の良さも同時にチェックできますので、一石二鳥の方法ともいえるでしょう。

病院でクレジットカードを利用するメリットとは?

病院
病院がクレジットカード払いに対応していると、手軽で便利に支払うことができるというのは、何となく理解できるという人は多いものの、そもそもどうして病院でのクレジットカード払いは手軽で便利なのでしょうか?

病院でのクレジットカード払いのメリットで考え得るメリットを5つあげて見ました。あなたの取って最も大きなメリットは一体どれでしょうか?一緒に見て行きましょう。

手持ち資金が少なくても診療を受けられる

医療費をクレジットカードで支払うことができる場合には、手持ちの資金が少なくても医療費を支払うことができるというメリットがあります。

不意のケガや病気で入院し、思っていたよりも治療が長期化したり、高価な治療方法を取らざるを得なかった場合には、その費用がいくらくらいかかるのか心配になってしまうかと思います。

しかし、手持ちの現金がなくても、クレジットカード払いができれば医療費を支払うことができる上、支払期限まで一定の期間が設けられているため、かかったお金を用意しやすいというメリットもあります。

現金がなくても支払えることと支払いが後払いであることがカード払いの大きなメリットといえるでしょう。

高額医療費を分割にできる

現金で支払う場合には一括で支払うこととなりますが、クレジットカードの場合は分割が可能です。高額医療費を一括で支払うのが厳しい場合には、3回払いや5回払い、10回払いと分割することで支払いの負担を軽減することが可能です。

また、リボ払いを利用すると、より計画的な支払いを行うこともできるため、思いのほか治療費が高額だった場合に頼りになる存在です。

カードポイントがお得

クレジットカード
クレジットカードは、各カードごとに定められた利用ポイントがあります。使った分だけポイントとして還元され、商品やサービスに充当することが可能です。しかし、現金で支払ったとしてもカードポイントは付きません。

どうせ同じ金額の支払をしなければならないのであれば、クレジットカードでポイントを貯めながら支払う方がお得です。

病院で治療費を支払った時にも、どうせならしっかりとポイントの恩恵を受けておきましょう。

支払いが手軽

クレジットカードはカード一枚を渡すだけで支払いが完了するので、煩わしい小銭の支払や、お釣りなどもなく、とても手軽に支払うことが可能です。また、大抵のクレジットカード会社の場合、支払内容がウェブで確認できるため、後から支払内容を見たい場合にも便利です。

大金を持ち歩かなくて良い

クレジットカードで支払う場合は現金を用意する必要がないため、万一高額な支払いが必要だったとしても大金を持ち歩く必要がありません。わざわざ銀行やATMから引き出し、それを病院の窓口まで持って行くこともありません。

大金を持っている場合には、支払窓口で名前が呼ばれるまで待っている時も不安な思いをしなければなりませんが、クレジットカード払いに対応していれば、そういう心配もしなくて済みます。

たった1枚のカードで全てが完結することは、利便性だけでなく安全性にも効果を発揮しています。

【まとめ】

クレジットカード払いができる病院は大規模病院を中心に増加していますが、規模が小さな病院ではまだまだ普及しているとはいい難い状況です。しかし、クレジットカード払いの利便性は高く、今後の普及が予想されています。

どこの病院がカード払いに対応しているかは、クレジットカード会社や病院で確認することができますので、事前に確認してから受診しましょう。カード払いができる場合、利便性において多くのメリットがありますので、カード払いに対応している病院での受診がおすすめです。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る