コンテンツ詳細

キャッシングとカードローンという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

キャッシングという言葉は、カードローンやクレジットカードでお金を借りる際によく使います。
 
成人している60歳までの男女の中で、クレジットカードもしくはカードローンを片方もしくは両方を持っている人の割合は、7割以上と言われています。
 
つまり10人中7人はクレジットカードやカードローンを持っていることになります。
 
また、とある企業の調査では、クレジットカードを持っている人の中で所持枚数の調査をしたところ、1枚~2枚が7割近くを占めており、カード社会になりつつあることが伺えます。
 
今回は、カード社会の風潮がある日本の、キャッシングとカードローンについて説明しましょう。
 

キャッシングとカードローンについて

キャッシング
キャッシングは、クレジットカードやカードローンを利用して、消費者金融の窓口やATMからお金を借りることができるサービスです。
 
日常ではこのように、カードローンでお金を借りる際も、キャッシングと呼びますが厳密には違います。
 
キャッシングとは、短期間で借りる小口融資のことを指し、クレジットカードに付帯している融資枠をキャッシングと呼びます。
 
多くても50万円程度までの融資枠を小口融資といい、1万円単位の少額から借りることができ、一回で返済することを言います。
 
クレジットカードを持っている人であればご存知の通り、カードローンに比べてキャッシングの融資枠は少額でしょう。
 
つまり簡単に説明すると、キャッシングはクレジットカード会社との契約を利用してお金を借りることです。
 
また、カードローンはクレジットカードとは違い融資枠が大きい上に、返済方法が一括ではなく基本はリボ払いです。
 
カードローンを作るには金融機関か消費者金融で申し込みます。
 
インターネットから新規契約を申し込むこともできるようになり、24時間受付、最短30分や即日の審査を宣伝している大手消費者金融もあります。
 
窓口に出向いて直接詳しい点について質問したり、契約したりすることも同様可能です。
 
カードローンやクレジットカードには、利用者の状況別に利用することが望ましいです。
 
カードローンを利用する際は、借り入れを複数回繰り返す可能性のある場合や急ぎで現金を用意しなくてはいけない場合、現金が必要になった時のため備えておきたい場合にはおすすめです。
 
これらの場合は一括でまとまった金額を借入する形になる為、利息を抑えたい方がやや安くリボ払いに出来るため人気です。
 
また、クレジットカードのキャッシング機能を利用する際は、緊急で一時的に現金が必要な場合、借入額が少額で一括返済できる場合です。
 
カードローンに比べて貸出金額が少ないため、必然と金利が高いです。
 
クレジットカードのキャッシングは一括返済を前提にご利用されることが多く、カードローンはリボ払いが採用されています。
 

キャッシングとカードローンのメリット・デメリット

キャッシュ
クレジットカードのキャッシング機能とカードローンは性質が似ていますが、違いがあります。
 
その違いがそれぞれのメリットやデメリットです。ここではメリット・デメリットについて紹介します。

クレジットカードのキャッシングをするメリットは、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などの大手銀行のATMでもクレジットカードキャッシングが可能であることです。
 
地方銀行でもクレジットカードのキャッシングに対応したATMの設置店が徐々に増えています。
 
しかし、ゆうちょ銀行や三井住友信託銀行のように、返済には対応していないATMもありますが、借りるだけであればどこでも借りられると考えてよいでしょう。
 
カードローンを利用するメリットは、ATMの利用手数料や返済手数料が無料の場合や、金利手数料がクレジットカードでのキャッシングよりも低くなる可能性があることです。
 
クレジットカードのキャッシングは年利17~18%に設定されている場合が多く、カードローンであれば、人それぞれではあるものの、審査次第では15%や12%の年利に設定されクレジットカードのキャッシングより安いです。
 
また、無利子キャンペーンをやっているカードローンもあり、1度しか借りない場合もお得にお金を借りることができます。
 
他にも、返済方法が豊富で、カードローンでは、銀行等のATMや銀行振り込み、口座引き落としやネットバンクなどのさまざまな方法で返済することができます。
 
ただし、銀行や農協などの金融機関で契約したカードローンの場合、他の金融機関では取り扱いできません。

契約した金融機関の本・支店のATMかコンビニで、借入もしくは返済をすることになります。

大手であればどこでも借入・返済出来るのは消費者金融のカードローンのみです。

そして、クレジットカードとカードローンの大きな違いは、返済方法と金利、新規申込の場合のカードが手元に届くまでの時間です。

クレジットカードのキャッシングは翌月の決められた日に1回払いをしなければならない仕組みです。

対してカードローンは決められた日にリボ払いで返済する仕組みになっています。

この点がクレジットカードのキャッシング機能のデメリットです。

クレジットカードのキャッシングで借り入れたものの、一括での返済が難しい場合が多数起きたために、決められた日に分割やリボ払いで返済が可能というカードローンが登場しました。

分割返済やリボ払いを選択すると、支払う利息は多くなってしまいますが、月々の返済金額や返済日を自分で決められるため、多くの人から利用されるようになりました。

カードローンの登場でクレジットカードのキャッシング機能利用者が減ったため、収益が減りました。

しばらくは一括払いのみだったものの、社内会議などの末、クレジットカード会社もキャッシングの際にカードローンと同じように、リボ払い、分割返済や返済日前の返済を可能にしました。

支払方法は選択できるようになったものの、ATMで支払方法の選択ができるものとできないものがありました。

やっぱりリボ払いに変更したいという場合や、支払方法を選択できずそのまま借り入れた場合は一括払いになっています。

その際は、インターネット環境がある方であれば、クレジットカード会社のホームページでマイページにログインすると、月々の支払いを変更することができます。

従来同様、電話でも支払いの変更を行うことはできます。

しかし、クレジットカードの情報は個人情報のため、本人しか変更ができないので、注意が必要です。

次に金利ですが、金利は今現在でもクレジットカードのキャッシングの方が高く、クレジットカードのデメリットです。

急にお金が必要になった場合、少額しかキャッシングはしないという方であればクレジットカードの方が便利です。

翌月に一括返済すれば、大きな利息はかかりません。

もしまとまった金額が必要な場合があればカードローンの方が便利です。

自動的にリボ払いに設定されますし、クレジットカードのキャッシングより金利は低いです。

さらに、消費者金融ではなく利息が少ない銀行のカードローンの審査を通過した場合、クレジットカードより数%低い利子でお金を借りることができます。

金利が低い分、審査は厳しいですが、利用可能枠が10万円や20万円程度であれば少々易しくなりますが、見られる項目などは変わらないので、信用情報の欠点がないように気を付けましょう。

三つ目に新規申し込みの際の時間などです。

必要書類はほぼ同じですが、カードが手元に届くまでに時間がかかります。

最短30分や即日の審査を掲げている消費者金融であれば、問題が特別ない場合は申し込んだ当日もしくは翌日には審査に通過しカードが手元に来ます。

しかし、不備がなくても、銀行のカードローンは申し込んでから2・3週間ほど経たなければカードは手元に来ません。

クレジットカードも同様に、申し込んでから3週間から1か月経たなければカードは届きません。

書類の不備がないか、信用情報や個人情報に問題はないか等、何回にもわたって行われるため、時間がかかります。

その為、すぐにお金を借りたい人であれば、消費者金融の最短30分の審査を掲げているカードローンをおすすめします。

即日の場合、新規申込等で込み合った場合、結果の連絡が翌日になる可能性があるからです。

信用情報に問題がある場合を除いて、最短30分のカードローンであれば遅くても3時間後には審査結果の連絡が来ます。

また、クレジットカードのメリットとしては、海外でも使えるという点です。

クレジット払いに使えるのはその通りですが、キャッシング機能も海外で使うことができます。

海外旅行の際に現金がなくなったり少なくなったりした場合、クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りることができます。
 
海外対応していない点はカードローンのデメリットの一つで、海外ではお金を借りることはできないため、海外滞在が長い場合や渡航を年に何回もする人にとっては向かないカードです。

また、クレジットカードのキャッシングを使うことで、銀行や空港で日本円を現地の通貨に両替するより時間も手数料もかからない場合があります。

キャッシング機能を使うとクレジット払いした時と同じようにポイントが貯まるカードもあるので、海外旅行ではクレジットカードのキャッシングを積極的に使うことをオススメします。
  
それから、カードローンとクレジットカードの共通は、3つあります。

キャッシング枠の範囲内ですぐにお金を借りることができる点と、新しくカードを手に入れるための審査に時間がかかる点、コンビニのATMでいつでも借入することができる点です。
 
【おわりに】
 
クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いは、現在ほとんどなくなってきています。

なぜなら、キャッシングでも分割返済や、返済日前の返済ができるようになったからです。

用途や生活に合わせてクレジットカードのキャッシングとカードローンを使いこなしましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る