コンテンツ詳細

クレカ支払い遅れた場合

クレジットカードの支払いに遅れると銀行引き落としができない、または金額が不足している時にはカードのオーナーが支払っていないということをクレジットカード会社に情報が渡ります。

そのまま支払わないでいると、クレジット会社から督促が来たり、DMが自宅に送られてくることもあります。

督促状が届くのは支払日から3週間が過ぎたころあたりです。

クレジットカードの支払いが遅れてしまったら

支払いが遅れた場合

クレジットカードの支払いが遅れてしまうと督促発信業務の部門から電話連絡が来ることもあります。支払いが遅れ督促の電話が来た時に再引き落とし日の設定をすることも可能です。

給料日がずれたり、入金がなかった時には口座から引き落としができない可能性があります。

そのためローンを組む時には支払いが継続できるように金額もしっかり自分なりにシミュレーションして返済金額を設定しましょう。
借りすぎは支払いが出来なくなってしまう原因になります。

借り入れやローンのシュミレーションをするときには利息に合わせて支払いが出来るようにしていきましょう。

クレジットカードの支払い滞納し続けてしまえば強制解約となります。その後にはクレジット会社から裁判を起こされ遅延損害金を含めた返済金額を請求されます。

一時的にお支払いが遅れると、カードの利用が一時的に制限されてしまい、 カードの利用再開は、支払い後になります。これに遅延損害金無が加算されることになります。

クレジットカードの支払いはどのくらい遅れても信用上問題ないか

カードの支払いが遅れてしまうと個人信用情報機関にブラックリストとして名前を登録されてしまいます。

ブラックリストに名前が載ってしまうと、その他の業者からも借り入れが出来なくなってしまうことがあります
そのため支払いはしっかりコンスタントに遅れないように支払うのが理想です。

もし支払いに遅れそうならば事前に電話連絡を入れておきましょう。しかし最大でも支払いに遅れても問題がないのは5、6日あたりが限界です。

それ以上遅れてしまいますと信用機関に報告されてしまい、頻繁に遅れたり長期に支払いに遅れてしまうと、貸付禁止データ、としてカードローンやキャッシングが出来なくなってしまいます。

もちろん新たにクレジットカードを作成することもできなくなってしまいます。クレジットカードの支払い滞納をしてしまいそのままにすれば強制解約から裁判になり居住している地域の地方裁判所に呼ばれます。

そこで業者と債務者が裁判官のもとにどのように支払っていくのかを裁判します。もしそれでも払えないようならば財産没収などの措置が待っています。

個人信用情報機関である「CIC」では個人の借り入れデータを確認できる情報が

cic

個人信用情報機関の「CIC」ではクレジットカードを作成した時に情報も作成します。クレジットカードの信用情報を見る時には遅延しているかしていないかも確認することが出来ます。

特に遅延する回数が増えると判定で「A」と表示されます。そのため新規でクレジットカードを作りたいときに審査を申し込むと業者サイドでもこの表示を確認できて「A」が多くなると、審査が通らなくなってしまいます。

そのため支払いに遅れるとデータに残ってしまい、将来的にもカードの利用範囲が狭くなってしまうことがあります。

カードの支払いはたった1日でも遅れは延滞扱いになりますのでしっかり事前にカードの支払日を確認しておきましょう。

よくありがちなのがクレジットカード代金の引き落とし日に、残高不足のために遅延になってしまうことです。

遅延損害金もかかるカードの遅延

クレジットカード支払いを滞納すれば遅延損害金もかかりますので、最終的に支払う金額分が増えてしまいます。

そのまま放っておけば遅延損害金と利息分が加算されていきます。
カード会社によって異なりますが、遅延損害金は18%から26%になりますので、カードを利用した時の年率に比べて高いと言えます。

借入残高50万円で10日間遅れたときには3600円が遅延損害金となり10日遅れただけでも遅延損害金はそれなりの金額になってしまいます。

ショッピングの遅延損害金は最大で14%

ショッピングの際にも同じで遅延損害金は最大で14%となりますがやはり遅れないで支払いをしていかないと、損をすることになります。

クレジットカードの支払いは毎月決められた日に入金を必ず行う規約のもとに使用することが出来ます。

毎月の請求金額も利用分によって異なります。

請求金額を確認して支払いは継続的に行わないとカードが利用できなくなるばかりでなく遅延損害金がかかりますので出来れば毎週、毎月ごとに利用明細をこまめに確認する必要があります。

支払いを忘れているケースでも支払えば再度利用できます

事前連絡して遅れる場合は利用再開できる

止まらないように支払いは毎月しっかり払っていく事が第一、もし支払いが遅れてしまいそうな時には事前にコールセンターに連絡をしておけばことは大事にならずに支払日を再設定することも可能です。

WEB明細はスマホで見れるように調整

支払いに遅れないように、カードの利用調整で出来ることではWEB明細はスマホで見れるように調整をしておけば支払日に遅れないように設定銀行引き落としなどを利用すれば便利に支払いができます。

支払いが遅れている方はカードの利用状況の未確認が原因に

WEB明細で常に利用を確認しておくことで支払いに遅れないようになります。

支払いが遅れている方はカードの利用状況の未確認が要因で支払いは明細を確認しておくことが肝心です。
支払い日の確認はスマホでも簡単にできます。web明細でご利用明細を確認すれば払い漏れは防げます。支払う金額があるかどうかも銀行口座を確認しておきましょう。

クレジットカードの利用明細については、多くのクレジットカード会社はWEB明細を利用でき、またスマホでもアプリを利用すれば支払日をお伝えする機能が付いていたり配慮しています。

24時間いつでもWEBで利用状況を見れるのでお勧めできます。
支払いに遅れてもカード会社によって条件は異なりますが5、6日あたりが限界になります。

支払いが遅れ、そのままにしていれば信用機関に報告されてしまい、カードの利用停止につながる恐れもあります。

まとめ

クレカ支払い遅れた場合の対処

カード会社の信頼は非常に重要です。カードを利用できる限度額なども支払い状況によって限度額が上がったりしますので、支払いに遅れてしまうと限度額も少ないままだったり、利息も契約した時のままで下がらずにカードの利用が制限されてしまうことがあります。

そのため支払いはきちんと毎月、請求金額以上は支払うことが重要です。しっかり払い続けていれば更に使いやすくなります。

カードの支払いは利用金額分は必ず返済を継続的に続けていきましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る