コンテンツ詳細

クレジットカードは、カード加盟店での支払いを手軽にしてくれる便利なサービスです。

決済後、翌月以降に支払うという立て替え払いの方法をとっているため、気軽にショッピングを楽しむことが可能です。また、支払い時に分割払いを指定すれば、より便利に利用可能です。

この記事では、クレジットカードの分割払いの情報を紹介した上で、実質的にクレジットカードのように手軽に使えるデビットカードの分割払いにも触れたいと思います。

クレジットカードの分割払いの特徴

クレジットカードの分割払いの特徴

クレジットカードの分割払いは、ショッピングで利用した金額を一定回数に分割して支払う方法です。手数料はかかりますが、大きな買い物をする時に少ない負担で買い物が可能です。

一括払いと同様にポイントもしっかりと貯まるため、登録しているカード会社の会員サイトで還元率を確認しておきましょう。

ここでは、「限度額の範囲で手軽に利用可能であること」「支払い回数や手数料」「2回払いは手数料無料で計算上お得であること」「リボ払いのように後から分割可能」の4つについて紹介します。

限度額の範囲で手軽に利用可能

クレジットカードにはショッピング枠が定められています。その枠の範囲であれば自由にショッピングが可能です。限度額はカードによって数十万円から無制限と幅があり、どんなクレジットカードを保有するかによって利用できる枠は大きく異なります。

分割払いをする場合も、ショッピング枠の範囲で行うことになりますので、限度額を超える利用は原則的にはできません

支払い回数や手数料

クレジットカードの分割払いの支払い回数や手数料は、カード会社によって異なりますが、多くのカード会社が1回、2回、3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回、30回、36回としています。

手数料の典型例としては、1回が無料、3回が12.25%、10回が14.5%、15回以上が15.0%となっています。

2回払いは手数料無料で計算上お得

案外知られていないことですが、クレジットカードの分割払いとして2回払いは手数料がかからないことが多いようです。支払いを半分ずつに分けても手数料がかからないため、知っている人はそのお得感により愛用しているようです。

リボ払いのように後から分割可能

同じく案外知られていないこととして、分割払いは後から設定することが可能です。リボ払いは後からリボに変更できることが有名ですが、分割払いはご存知ない方が多いようです。分割払いも後から設定可能なので、ご利用のクレジットカードのトップページから情報を探してみましょう。

デビットカードも分割可能の噂は本当?

楽天銀行デビットカード

一部のネット上で、デビットカードの中で、楽天銀行デビットカードが分割可能であるという噂が書き込みされていたようです。

デビットカードとは、即時支払いをするものであるため、審査が要らないという特徴があり、分割できるはずがないという反論もあったようです。果たして、楽天銀行デビットカードの分割払いは可能なのでしょうか?その噂を検証してみました。

楽天銀行デビットカード(jcb)の分割払いの噂

楽天銀行デビットカード(JCB)の情報をリサーチすると、100円ごとに楽天スーパーポイントが貯まるという特典や、年会費が永年無料であるというメリットが紹介されています。ただし、銀行口座からの即時払いであるため、入会審査は不要とのことで、分割払いは不可能のようです。

楽天銀行デビットカードは即時払いではありますが、サービス提供者の都合上、後払いとなるケースもあるようです。どうやらこのことが、クレジットカード機能と同様であるとの勘違いを引き起こしたようです。

まとめ

クレジットカードの分割払い

クレジットカードの分割払いは、利便性の高いクレジットカードの利用をさらに便利にしてくれる方法です。リボ払いのように後から分割払いに設定することも可能なので、上手に利用すると効果的です。ただし、分割払いは借金と同じなので、利用は計画的に行いましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る