コンテンツ詳細

使いやすくてお得な学生向けのクレジットカードを検証しました。

学生向けのクレジットカードは学生のために使いやすい機能を標準装備しています。

取得の条件としては、基本的に高校生を除いて、大学生、短大生、大学院生、専門学生の18歳~20代後半頃の方が対象になります。

また契約時には学生証の提出が求められます。

学生がクレジットカードを発行するメリットは、支払いの際にポイントを貯めたり割引を利用しながらオンラインショッピングなどが可能となり、サービスに選っては50%以上の割引を行っている会社やサービスなどもあります。

学生のクレジットカードの選び方

クレカの選び方
学生でも作れるカードには、使いやすいだけでなく、様々な点でお得に利用することができるカードもあります。

どのカードが良いのか事前に吟味しておきましょう。

各カード会社では航空券の購入やツアー代金が安くなるサービスを利用することが出来ます。

カードのサービスを活かして還元率も高いクレカもあり、クレジットカードを利用していく際には特定のサービスの利用で3倍以上の還元率で利用することが出来るカードもあります。

また友人を紹介する事で商品券などをプレゼントしている業者もあり、自分が利用するサービスと提携しているクレジットカードを作成すればポイントも溜まりやすく利用価値も高まります。

クレジットカードは提携している会社により付帯しているサービスやキャンペーンも異なるので、事前にカード会社にサービスを確認しておくことをおすすめします。

学生向けのクレジットカードおすすめまとめ

学生向けクレカまとめ
学生向けのクレジットカードおすすめをまとめました

JCB CARD EXTAGEがおすすめ

jcb

学生向けなのでもちろん年会費無料のカード、通常還元率0.75%、提携しているJCBのショッピングサービス「Oki Dokiランド」にてのショッピング還元率は常時1.5%で、カフェ「スターバックス」では還元率2.5%でお得なカード!
学生さんにぴったりのクレジットカードと言えます。

海外旅行傷害保険も付帯(利用付帯)で、電子マネー「QUICPay」搭載の便利なカードです。

アルバイトをしていて収入のある学生さんでならばすぐにカードを作成して利用していくことができます。

またそのほかにも公共料金のお支払いにも存分に利用していくことができるクレジットカードなのです。

電子マネーの機能を搭載しておけばさらに有意義に街中で利用することもできます。

アルバイトなどの収入証明、学生証のみで審査がOK

その他にも各支払いや学生ローンに対応しているので、クレジットカードの利用価値は十分にあります。

キャッシング機能付きのクレジットカードでもあります。

また留学予定の学生さんにはクレジットカードは必須で海外でも何かあった時に役に立ちます。

モバイル登録を忘れずにすれば必要な時に利用可能で、ネットで利用している銀行口座にダイレクトにキャッシングができ、留学中の大学生は海外で現金がない時にも助かります。

クレジットカードにキャッシング機能を付帯することでどこの国にいてもキャッシングを利用できて助かります。

学生向けにも活躍する楽天カード アカデミーもおすすめ

楽天

楽天のインターネットショッピングが利用できるクレジットカードで学生専用カードです。

年会費無料で還元率1.0%なので還元率は高く、楽天市場、楽天ブックスでの利用ならばなんと4.0%となり利便性も高く電子マネー楽天Edynanacoで利用することが出来ます。

「楽天ポイントカード」機能との併用ならば、還元率が1.5~2.0%以上となるので非常に使いやすい、又ポイントを貯めやすいカードです。

楽天カードの大学生向けのキャッシングは一般的な方の借り入れよりも限度額は安くなります。

しかし保護者から資金援助を受けている学生にも、公共料金の支払いなど楽天クレジットカードは多いに活用出来ます。

光熱費の支払いの明細から買い物した内容まで確認することが出来ます。

発行してもその利用代金の請求は親元さんに届けることも可能です。

支払いができなくなったら保護者が代わりに返済する補償によってカード会社は学生にもクレジットカードを発行していますが、利用限度額は100万円以下が大半です。

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

三井住友

還元率はそこまで高くない平均0.5%のカードですが、海外旅行保険が付帯しているので留学の際には是非活用したいクレジットカードです。
学生のために年会費250円と安いのでアルバイト中の学生さんにもおすすめの一枚、電子マネー「iD」搭載なので少額決済でもポイントが貯めることが出来ます。

利用限度額はどのくらいなのか?

カードを発行し契約しやすい環境が整っているので、大学生でも専門学生でも、WEBにて契約をする事ができます。

まずは審査では貸付利用可能限度額を決めるために、アルバイトなどをしていればの収入を確認する事もあります。

副業などで収入がある方も審査の際に伝えておけば限度額を上げて契約をすることが出来ます。

公式サイト

JALカードnavi

jal

こちらも留学機会の多い学生さんにおすすめの一枚、年会費5000円なのでそこそこ安い、マイルを高還元率で貯めていくことが出来るので。留学予定のある学生さんにおすすめの一枚です。

更にキャンペーンで「飛ぶほどボーナスマイル」などの特別ボーナスマイルもあり、お得にカードを利用していくことが可能です。

お金が足りない時や生活費が足りない月にはキャッシングをすることが可能でお近くのコンビニでカードを柔軟に利用していくことが出来るようになります。

留学中の学生は海外でお金がない時にも活用できるサービスを付帯

海外でクレジットカードを利用する機会が多く、事前にカードを作っておく利用価値はかなり高くどんな時も十分な利用価値を誇っています。

また学生でもお金を借りる事が出来るキャッシング機能を付帯しましょう。

カードを利用しながらキャンペーンを利用も可能です。

学生向けのカードを発行しているメーカーは多数、どれもおすすすめ

どのカードも学生にメリットがあり継続して利用すれば限度額を挙げることが可能です。

海外での利用も可能なカードを選んでおきましょう。

サービスと提携しているカードを選んだり留学に合わせて

学生向けカードおすすめ
ポイントを貯めながらカードを利用していくことが出来るので自分がよく利用するサービスと提携しているカードを選んだり留学に合わせてカードを選択したり又2枚3枚とカードを保有することも可能なので、自分のライフスタイルに合わせてカードを選択していきましょう。

電子マネーと提携しているカードは使いやすく利便性も非常に高いです。

学生さんに使いやすく魅力的なカードを紹介しました。

留学にもクレジットカードを持っていくと便利です。

現金を持ち歩くよりも安全で、また電子マネーの機能を付帯すれば改札や、そのほかのサービスも有意義に利用していく事が出来お会計もスマートです。

またショッピングで上手にポイントをためて景品交換やそのほかのサービスを利用したり、割引価格で買い物をさらにできたり、便利にカードを利用することが出来ます。

まとめ

学生のカードおすすめ
JCB CARD EXTAGEは学生向けなのでもちろん年会費無料のカード、通常還元率0.75%で「Oki Dokiランド」にてのショッピング還元率は常時1.5%になります。

カフェ「スターバックス」では還元率2.5%です。電子マネー「QUICPay」に対応します。

楽天カードも学生向きでおすすめ、三井住友VISAクラシックカードA(学生)も還元率はそこまで高くない平均0.5%のカードですが、海外旅行保険が付帯しているので留学の際には是非活用したいクレジットカードです。

学生のために年会費250円と安く、電子マネー「iD」搭載です。JALカードnaviは年会費5000円なのでそこそこ安い、マイルを高還元率で貯めれるカードです。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る