コンテンツ詳細

キャッシュカードやクレジットカードの取り扱いが出来るイーネットATM。

名前は聞いたことがなくてもみなさん見たことはあると思います。
主にファミリーマートなどのコンビニやスーパー、ドンキホーテなど多数の店舗に設置されているATMです。

このイーネットのATMが海外発行のクレジットカードやキャッシュカードに対応しました。

今回はこの、海外クレジットカード対応のイーネットATMについて詳しく紹介していきます。

イーネットATMの詳細

イーネットATMの詳細

イーネットATMは、提携金融機関であれば、365日・24時間、現金の入出金や残高照会、カードによる振込が利用できます。

また、その他の金融機関(MICS提携金融機関) でも、出金や残高照会ができます。

手数料はカードごとに異なりますが、24時間利用ができとても便利です。

設置数は、首都圏・関西圏・中京圏を中心に、約5,800台。

入金の限度額は、1回のお取引で50万円もしくは紙幣59枚が上限。

出金の限度額は、1回のお取引では20万円が上限となっています。

通帳は硬貨の対応はしていませんが、ゆうちょのキャッシュカードも使え、深夜でも使えるので非常にありがたいATMです。

また、最大の魅力はクレジットカードでのキャッシングにも対応している点です。

VISAやJCB、ジャックスカードなどをはじめ、クレジットカードでのキャッシングに対応しているカードであればほとんどカードがご利用可能です。

セキュリティ対策

イーネットATMは、安心・安全のセキュリティシステム。

  • PCIDSS:クレジットカード情報保護のためのデータセキュリティ基準
  • PINセキュリティ要件:暗証番号を保存、処理及び送信する際のセキュリティ基準

イーネットは、銀行ATM運営会社だけありセキュリティ面でも万全を期しています。

海外発行のクレジットカードにも対応!

海外発行のクレジットカードにも対応

イーネットのATMは、2016年の4月26日から海外で発行されたキャッシュカードやクレジットカードに対応しました

これに伴い、海外発行のカードでも、

  • 出金(日本円)
  • 残高照会

これらが行なえるようになりました。

もちろん、イーネットATM なので、365日24時間いつでも利用ができます。

今までなら、日本円にするのに両替所を探したり、銀行を探したりと手間がかかり、時間も気にしないといけなかったのでとてもありがたいサービスと言えます。

ATMの設置場所も「イーネット公式サイト」より確認することができるので、迷う心配もありません。

対象のカード

海外カードで、日本円が引き出せる対象のカードは国際ブランドのカードです。

  • Visa
  • MasterCard
  • 銀聯
  • JCB

注意点

・利用手数料は取扱銀行ごとに異なる

・利用手数料以外にカード発行会社による手数料がかかる場合がある

まとめ

イーネットATM

いかがでしたか?

今回は、海外クレジットカード対応のイーネットATMについて案内してきました。

おそらく、2020年の東京オリンピックに向けた対策とも読み取れるイーネットATMのサービス。

日本に高い経済効果をもたらしてくれるサービスになることでしょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る