コンテンツ詳細

はじめに~QUICPayをご存知ですか~

電子マネーのマークに並んで表示されている、QUICPayのマーク。

今や代表的な決済手段の一つとなりましたが、皆様はご存知でしょうか。

かざして決済が完了することから電子マネーと同じように思われがちですが、QUICPayも同じなのでしょうか。

どのような特徴を持ち、どのような魅力があるのか、これから詳しくみていきましょう。

QUICPayとは?

レジ
QUICPayについて詳しく見ていきましょう。

前もってチャージしなくてもOK

QUICPayとは支払い方法の一つで、お店の端末にカードやスマートフォンをかざすだけで決済が完了します。

決済方法は電子マネーとよく似ていますが、大きな違いがあります。

代金がチャージ分から差し引かれるのではなく、後払い式となっているところです。

クレジットカードと紐付することによりこの方法が可能となっています。

後払い式ですので、支払いの際にチャージ残高を気にする必要がありません。

QUICPayは、いつでもかざすだけ、スピーディー買い物できる便利なカードです。

サイン不要でクレジットカード払いと同様の特典が!

支払いの際にサインが不要なことも、QUICPayの大きな利点です。

クレジットカード払いの際に伝票にいちいちサインを記入というのも煩わしいものです。

また、少額の買い物にクレジットカードを出すのも気が引けるという方も多いことでしょう。

QUICPayは、この問題を解決しています。電子マネーのように、かざすだけで決済完了。

サインを書く必要もなければ、クレジットカードを見せる必要もありません。

その一方、クレジットカードの利用実績にはしっかり加えられますから、紐付しているクレジットカードのポイント等、特典もしっかり受けられるわけです。

紛失や盗難時も安心

QUICPayの発行元は、紐付しているクレジットカード会社と同じです。

そのため、紛失や盗難の際にもクレジットカードの場合と同様に手続きが必要ですが、同時に手続きをしておけば不正使用にあっても保障の対象となります。

紛失や盗難に遭った際は直ちに発行元クレジットカード会社に連絡しましょう。

QUICPayの種類

QuicPayの種類
出典 : http://www.quicpay.jp/
QUICPayには、さまざまな種類があります。一つずつ説明していきましょう。

なお、いずれの場合も紐付けを希望するクレジットカード会社への申込みが必要です。

また、予め紐付先のクレジットカードを持っているか、QUICPay申込みと同時にクレジットカード入会の申込みをすることも必要です。

カードタイプ

定番のカードタイプもいくつか種類があります。

QUICPay専用カード

QUICPayだけの機能がついているカードです。レジでかざせば利用金額分が決済される、最もシンプルでわかりやすい機能を持っています。

このカードの利点はクレジットカードを見せなくても良いことで、セキュリティ対策には良い方法です。

クレジットカード一体型

QUICPay機能が搭載されているクレジットカードです。電子マネー搭載型クレジットカードと同じように、QUICPayを使うことができますので簡単です。

またQUICPayカードと紐付先のクレジットカードが同一ですので、「QUICPayで決済した分もクレジットカードに請求される」ということが視覚的にもわかりやすくなっています。

とにかく「このカードを使って決済した分はこのクレジットカードに請求が来る」と理解して使えることが、一体型のメリットです。

QUICPay(nanaco)

nanacoカードの裏にQUICPayマークがついているカードは、クレジットカード会社に申し込むことにより、nanacoカードにQUICPayの機能を持たせることができます。

うっかりnanacoのチャージ残高が足りなくなってもQUICPayで支払うことができ、便利です。またカードの枚数を節約することにもつながります。

モバイルタイプ

おサイフケータイ対応のスマートフォンや携帯電話で利用可能です。

対応機種であればQUICPayカードを持つ必要がなく、申込みが承認された段階で使い始めることができます。

電子マネー等を使っているスマートフォンにQUICPayもまとめることができ、カード枚数が増えなくて済む等、管理の手間が省けるのがメリットです。

その他

キーホルダー型の「スピードパスプラス」、コイン型の「QUICPayコイン」など、一見してカードとわからない形のものもあります。

また、10歳以上のお子様も利用可能で、利用制限額がつけられる「おこづかいQUICPay」もあります。

QUICPayはどこで使える?

ショップ
大手コンビニや大手スーパー、ドラックストア各社、家電量販店等、さまざまなお店で使えます。

QUICPayマークが使えるお店の目印ですので、覚えておきましょう。

QUICPayの特典

QUICPayの主な特典はポイント付与ですが、これは紐付されているクレジットカードの付与率と同じです。

そのため、加入しているクレジットカード会社の情報を参照して頂くこととなります。

また、不定期にQUICPay入会者や利用者に向けたキャンペーンが行われることがあります。

こちらはQUICPayのWebサイトでも告知されることがありますので、あわせてご確認下さい。

QUICPayの申込み方法

申し込み
QUICPayは、各クレジットカード会社で発行しています。お手持ちのクレジットカードの中からQUICPayに紐付をしたいカードを選び、カード会社へ申込みましょう。

なお、クレジットカード会社により取り扱っているQUICPayの種類は異なります。

モバイルタイプはほとんどのクレジットカード会社で取扱いがありますが、カードタイプやその他タイプの取扱い会社は限られています。詳しくはQUICPayのWebサイトで確認して下さい。

また、QUICPayマークが付いているnanacoも、QUICPayの利用にはクレジットカード会社への申込みが必要です。申込みをしない場合はnanacoのみ利用可能となります。

QUICPay利用にあたっての注意点

注意点
使用時の注意点をまとめてみました

基本的には1回払いです

かざすだけで支払いが完了するQUICPayは、支払い方法の選択がありません。

従って支払い方法は1回払いとなります。

2回払いや分割払い等を希望される方は、クレジットカードで決済することとなります。

例外として、紐付先がリボ払い専用クレジットカードの場合は、支払い方法もリボ払いとなります。この場合、QUICPayでの利用額にも年15%程度の手数料が付加されますので注意して下さい。

クレジットカードと同じ注意をもって管理を!

かざすだけで支払いが完了するQUICPay。それがクレジットカードに紐付けられているということは、QUICPayを持っている人の意思で自由に使うことが可能ということを意味します。

これが本人であれば何の問題もありません。しかし、盗難や紛失等で他人の手に渡ってしまうと大変です。

「好きなだけ使えて、自分は支払いをしなくていい」ことになり、その結果「見に覚えの無い請求が来る」ことになります。

これが電子マネーと異なるところです。電子マネーはチャージされている金額が被害額の上限ですが、QUICPayはそれでは済みません。

従って、クレジットカードと同じ注意を払い、しっかり管理することが必要です。

紛失や盗難に遭ったら、直ちにQUICPay発行元または紐付先のクレジットカード会社に連絡しましょう。

使い過ぎに注意しましょう

使いすぎ

QUICPayは事前のチャージが不要ですから、クレジットカードの利用限度額以内ならばいくらでも使えてしまいます。

しかしこれは事前にチャージするか後で銀行口座から引き落とされるかの違いに過ぎず、代金を支払わなければならないことに変わりはありません。

従って購入時には「後できちんと支払いができるか?」ということを常に意識し、使い過ぎとならないよう注意しましょう。

紐付元のクレジットカード会社の情報も常にご確認下さい

QUICPayで支払った代金の引き落とし日、またポイント付与率等は、紐付されているクレジットカードに従います。

どのクレジットカード会社も、引き落とし日やポイント付与率等の変更を行うことがあります。

変更内容は事前に通知されますので、必ず確認しましょう。

【まとめ~かざすだけで簡単支払い!特典も得られるQUICPay~】
QUICPayの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 電子マネーと異なり、後払い式のカードです。そのため事前のチャージは不要です
  • 事前に、QUICPayに対応するクレジットカードを持っている必要があります。QUICPayと同時に入会申込みもできます
  • 全国さまざまなお店で利用可能です。QUICPayマークを目印にしてください
  • サイン不要、かざすだけで決済完了。大変簡単でスピーディーです
  • 請求は紐付先のクレジットカードに行われます。
  • ポイント等の特典付与も紐付先のクレジットカードのルールに従って行われます
  • QUICPayには、カード型やクレジットカード一体型、モバイルタイプ等、様々な形のものがあります。
  • クレジットカードと同じように十分注意して管理しましょう。紛失や盗難は直ちにクレジットカード会社へ。

管理と使い過ぎに注意すれば、電子マネーのように事前のチャージが不要なQUICPayは大変便利です。

利用限度額以内であれば、残高不足で使えないということもほとんど無いでしょう。

レジ等で止められることもほぼ無く最もスピーディーに決済できるという点で、現代に最も向いている決済手段ともいえそうです。

お持ちの方は、活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る