コンテンツ詳細

あなたは公共料金をどのような方法で支払いされてますでしょうか?

公共料金のような固定費は、家計の中でも見直しが難しいとされていますが、少しでも高い費用を抑えようと計算に励む主婦の方が数多くいらっしゃいます。

たとえ1ヶ月単位でみれば、少ない金額かも知れませんが、1年間通して考えるとそれなりの金額を節約することが出来るのです。

どうせ同じ支払いであれば、少しでもお得に支払いたいものですよね?

そこで、この記事では、引き落としや現金払いをやめて、カード払いをおすすめし、公共料金の支払に使えるクレジットカードを紹介します。

お得なクレジットカード払いを活用し、あなたに合ったクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードが利用できる公共料金とは?

公共料金
クレジットカードで支払ができる公共料金には、住民税や固定資産税、自動車税のほか、電気料金の支払に対応している電力会社や、水道・ガス料金などの光熱費の支払が可能です。

自治体もクレジットカードには理解が深く、これらの支払にクレジットカードを推奨しているところもあります。

また、公共料金以外にも、さまざまな支払いをクレジットカードで行うことが可能です。

たとえば固定電話や携帯電話料金、ガソリン代、新聞代やインターネット、プロバイダ料金などの通信費、生命保険や家賃まで対応している場合もあります。

それぞれの支払を銀行引落や振込からクレジットカードに一元管理することにより、今まで項目ごとに管理していた手間が減り、管理が簡単になります。

ショッピング利用が多い人も支払い計算が簡単となるため、最近ではカード払いの方が一般化している分野もあるほどです。

クレジットカード払いの申込手続きは手軽であるため、ぜひ上手に活用しましょう。

visaもmasterもJCBも利用可能

公共料金の支払に使えるカード会社のブランドは、visaカードやMasterCard、JCBカードなどの国際ブランドであればどこでも使うことができます。

そのため、どの種類を選べば良いのか迷う人もいらっしゃいますが、あなたの生活に応じて便利なカードを使っておくと良いでしょう。

実際はVISAやMasterCard、JCBカードであれば、数多くの加盟店がありますので、もちろんどのカードでも困ることがありませんが、その中でも特に普段利用する店舗などは、対応や特典などを確認しておくと、よりお得に買い物することができますので、お店のホームページなどで事前チェックしておくことが賢明だと言えるでしょう。

クレカで公共料金はコンビニ支払いや口座振替よりも得?

支払い
クレジットカードで公共料金を支払えるということを、最近では当たり前かのように思っている人がいらっしゃいます。

それぐらいクレジットカードでの支払いが浸透してるわけは、支払いに対してポイントがもらえる仕組みがあり、結局のところ現金よりも安く支払うことができるからです。

同じ代金を支払うのであれば、少しでもお得な方法を選ぶという人が多い上、カード1枚で支払い完了となるため、支払やすくて便利です。

入会時の魅力的な特典を打ち出す会社も多いので、カード会社は徹底的に良いキャンペーンを打ち出しています。

それらの恩恵を最大限受け取りましょう。

でも、クレジットカードでの支払いは良いことばかりなのでしょうか?ここではカード払いによるメリットとデメリットを紹介します。

クレジットカードで支払うメリット

クレジットカードでの支払いによるメリットは、管理が手軽であることとポイントが貯まることが最大のメリットです。

1,000円ごとにカードポイントが10ポイント貯まるカードや、500円でもポイントが貯まるカード、100円で1ポイント貯まるカードなどまちまちです。

いずれの場合もどうせ支払わなければならないお金を払うことでカードポイントが付与されますので、お得な支払が可能となっています。

また、Tポイントが貯まるカードやnanacoが貯まるカード、マイルにポイント交換ができるカードもある上、ポイントアップ条件や電子マネーチャージによるポイント付与など、選ぶカードの特性を知っておくと更にお得にカード利用が可能です。

クレジットカードで支払うデメリット

クレジットカード払いのデメリットは、支払が先送りになるということが上げられます。クレジットカードはカード利用した月の分の合計を、翌月以降に支払うこととなります。

カードによっては翌々月支払になる場合もあるため、しっかりと管理をしておかないと、支払日にお金がないという可能性があります。

複数枚のカードを持っている場合には、支払日がバラバラとなり、いついくら用意しないといけないのかが複雑となるため、管理表などを付けておくと良いでしょう。

それを元に、今月はいくらまでなら使っても良いのかを確認し、計画的な利用をするように自己管理が必要です。

使いすぎた場合には限度額を圧迫することにもなります。

キャッシングしている場合にやさらに支払い管理が複雑になりますので、お金の動きが分かるようにしておきましょう。

キャンペーンが手厚いおすすめのクレジットカードはどれ

クレジットカード
これから公共料金をクレジットカードで支払おうとしている人は、どのクレジットカードを選べば良いのでしょうか?

実はクレジットカードは会社ごとにとても個性的なサービスがあります。

通常サービスの質が向上すると、競合争いのためサービスが画一的になる傾向がありますが、クレジットカードの場合はそうではありません。

どの会社のクレジットカードも他社にはない特典を付けていることが多いため、逆にいうと選ぶのに苦労するケースが多いのです。

ここでは、キャンペーンが手厚くて使い勝手のよい、お得なクレジットカードを紹介します。

ポイントが貯まりやすい楽天カード

楽天カード
楽天カードは初年度も二年目以降も年会費無料のお手頃なクレジットカードです。

年会費無料のカードと聞くと、特典が薄いというイメージを持つ人がいらっしゃるようですが、楽天カードは100円で1ポイント還元というしっかりとしたポイント付与率を誇っています。

さらに、ガソリンスタンドのエネオスや、ネットショップの楽天市場ではポイントが2倍、各加盟店では3倍となり、ポイントが貯まりやすいという特徴を持っています。

新規入会時に条件を満たせば高額ポイントをゲットすることもできる上、家族が一緒に申し込むとポイントが倍増します。

それでいて海外旅行保険も付いている高スペックなクレジットカードと言えるでしょう。

クレジットカード初心者から上級者まで、幅広い層に支持されているクレジットカードです。

審査がスピーディーなヤフーカード

ヤフーカード
Yahoo!JAPANカードも年会費無料のクレジットカードです。

楽天カードに勝るとも劣らないカードで、特に審査スピードには定評があります。申し込み後たった1~2分で審査結果が伝えられるため、即日カードを手に入れたい人におすすめです。

Yahoo!JAPANカードには、「Yahoo!公金支払い」サービスがあり、支払い分の1%分がポイント還元されます。税金などもホームページで支払うことが可能であるため、お得に公共料金を支払うことができます。

ポイント還元率は1%としっかり還元される上、ネットショップのヤフーショッピングで買い物をした場合にはポイントは1.5%となるため、ヤフーショッピングをよく利用する人に特におすすめです。

入会時には最大10,000ポイントの恩恵もあるため、ぜひ入手を検討したいカードとなっています。

公共料金1%割引のオリコカード THE POINT

Orico Card
オリコカードTHE POINTは、公共料金の支払い時に1%割引という特典があるため、公共料金の支払い専用カードとしても利用者が多いカードです。

入会時には最大8,000ポイント貰えるほか、最初の半年は2%のポイント還元特典があるので、とても加入しやすいクレジットカードといえるでしょう。

また、ポイントサイトのような仕組みもあり、オリコモールを経由してからネットでショッピングをすると、最大で17.5%ものポイント還元があるため、お得に活用することが可能です。

ANAマイルやJALマイルとのポイント交換も可能で、電子マネーにも対応しているため、利用シーンの多いクレジットカードです。

イオンでのショッピングがお得なイオンカード

イオンカード
イオンカードは、複合施設であるイオンモールでお馴染みのイオンが発行してるカードです。

なかでもWAON一体型のカードは、よりお得にショッピングを楽しむことが可能で、イオンのお客様感謝デーなどの特設デーには効率よくポイントを貯めることが可能です。

公共料金の支払いもお得で、公共料金以外の固定費用の支払も効果的です。

それでいて年会費は初年度も二年目以降も無料であるため、家計を管理している主婦におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

JALマイルにも対応しているため、日常生活で貯まったポイントをマイルに変えることも可能なのも、ちょっぴり嬉しいポイントではないでしょうか。

使う程ポイントアップが嬉しいライフカード

ライフカード
ライフカードは1,000円につき1ポインとのポイント還元であるため、他のクレジットカードに比べてポイント還元率の面で劣っているように見えますが、入会年は1.5倍、誕生付きは3倍という風に、要所でポイントがアップされる仕組みとなっています。

利用金額によってもポイントの率や額が変動し、一年で50万円以上カードを利用した場合には300ポイント付与された上、翌年のポイントが1.5倍となります。

一年で150万円以上カードを利用した場合には翌年のポイントが2倍となり、利用頻度や利用額に合わせた還元率となっています。

公共料金などの固定費をカード払いする人であれば、ポイント還元率が高くなる可能性があり、しかも5年間と長いポイント有効期限であるため、しっかりとポイントを貯めることができます。

年会費は初年度も二年目以降も無料で、ANAのマイルに交換も可能です。

【まとめ】

クレジットカードで公共料金を支払うと、支払管理を一元化できたり、ポイント還元の恩恵を受けることができます。

一方、支払日と支払額を把握しておかないと、かえって管理がしにくくなるという側面もありますので、管理表などを作成して一目瞭然となるようにしておくことをおすすめします。

公共料金を支払う目的でカードを選ぶ際には、入会キャンペーンの有無や、ポイント還元率は重要ではありますが、ライフスタイルに合ったカードを持つとお得です。

ぜひあなたのライフスタイルに合ったクレジットカードを選んで、よりお得に公共料金をしはらいましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る