コンテンツ詳細

PASMOは駅やコンビニなどでお金の代わりに使える便利な電子マネー。
便利なので利用している方もいるのではないでしょうか?

実はこのPASMOにはオートチャージ機能があるので、券売機でチャージする必要はないのです。

そこで今回は、PASMOのオートチャージ機能について詳しく紹介していきます。

PASMOと連携可能なクレジットカードがあれば簡単にチャージできますので是非参考にしてみて下さい。

PASMOのオートチャージの仕組みとは

オートチャージの仕組み

PASMOは、「一体型」と「分離型」の2つの種類があります。

一体型はクレジットカードとPASMOが一体となったカードで、分離型はそれぞれ別に持つ形態のカードタイプになります。

PASMOのオートチャージ機能は、クレジットカードがあれば良いというわけではなく、PASMO公式が提示している紐付けできるクレジットカードが必要となります。

対象となるクレジットカードは、

  • MUFGカードブランド
  • UCブランド
  • DCブランド

これらのカードが対象となっており、パスタウンカードと交通事業系カードなどが紐付けできるクレジットカードと言えます。

また、オートチャージサービスの利用には、事前の申し込みが必要となります。

手順は以下の図を参照下さい。お申し込みは図をクリックで対象ページにアクセスできます。

PASMO オートチャージ

出典 : https://www.keikyu-point.jp/

2種類の形態があるPASMOですが、クレジットカード一体型は心配という方は、分離型がおすすめです。

チャージポイントはカードごとに異なる

ポイントはカードごとに異なる

PASMOに対応したクレジットカードであればほぼ全てのカードにオートチャージやチャージポイントに対応しています。

ですが、チャージ分に対して付与されるポイントの種類はカードごとに異なります

チャージポイント付与率

ほとんどのクレジットカードでチャージポイントの付与率が0.5%となっているのですが、TOKYU CARDはweb明細申し込みをすることで1%になったりと、お得になるケースがあります。

この内容は申し込む時期により変動する可能性があるため、各公式サイトで確認するしかありません。

少しでも還元率をお得に獲得したいのであれば、紐付けるカードも大切になってきます。

まとめ

PASMOのオートチャージ機能について

いかがでしたか?

今回は、PASMOのオートチャージ機能について案内してきました。

PASMOはクレジットカードがあれば紐付けられるというものではなく、対象となるカードが必要となります。

しかし、オートチャージ機能があればいざというとこに非常に役立ちますので、是非参考にしPASMOとクレジットカードを紐付けしてみてください。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る